「損害保険会社社員」とは

損害保険会社社員_画像

自然災害や自動車の衝突事故など、偶然な事故による損害を補償する商品を販売する。

「損害保険」とは、毎日の生活や仕事で起こりうるトラブルやリスクに備えることを目的とした保険商品であり、海上保険や自動車保険、地震保険や火災保険など、さまざまな商品があります。

このような保険商品を販売し、事故や災害の被害を受けた加入者のもとで査定をし、保険金を支払う手続きをするまでの一連の業務を行うのが損害保険会社の仕事です。

一般的には収入が高いことでも知られており、就職活動生に人気が高い業界です。

最近では損害保険会社の合併や吸収が相次いでおり、業界全体が大きく揺れ動いています。

少子化が進む日本では保険加入者となる若い世代が減少するため、今後は顧客の奪い合いが激化するでしょう。

新興国に新しい市場を開拓しようという動きもあり、こうした事業が生き残りのカギとなるともいわれています。

「損害保険会社社員」の仕事紹介

損害保険会社社員の仕事内容

保険の販売から払い出しまで

「損害保険」とは、毎日の生活や仕事で起こりうるトラブルやリスクに対して備えておくことを目的とした保険商品です。

損害保険会社では、海上保険や自動車保険、地震保険や火災保険、盗難保険など、さまざまな種類の商品を取り扱っています。

仕事内容としては、保険商品を販売し、事故や災害の被害を受けた加入者のもとで査定をし、保険金を支払う手続きをするまでの一連の業務が主なものになります。

売ったら終わりではなく、保険の更新やより良い商品への乗り換え提案などもおこないますし、保険を販売してもらう代理店に対してどのように販売すれば良いのかというアドバイスもします。

また、時代のニーズに合わせた新しい保険商品の企画を行うのも重要な仕事のひとつです。

損害保険会社社員の就職先・活躍の場

損害保険会社に就職する

日本には国内大手損害保険会社から外資系の損害保険会社までたくさんの会社が存在します。

格付けの良い会社ほど社会的信用度も高く、倒産する可能性も低いので就職の参考にしてみてみてください。

損害保険会社で働きたい場合は、これらの企業に新卒でエントリーして内定を勝ち取るのが王道といえるでしょう。

損害保険会社は年収や待遇が良いことで有名で、採用枠も銀行などに比べると少ないため、狭き門となります。

損害保険会社社員の1日

部署により忙しさは異なる

損害保険会社は部署により忙しさが異なります。自動車事故対応は、お客さま都合なので、昼食を取る時間もないほど激務になることもあります。

今回は代理店のに対する営業担当者の1日について紹介します。

8:30 出社
出社後は事務処理やメールチェックを行います。

9:00 ミーティング
部内で担当代理店の保険販売実績の情報をシェアします。

11:00 代理店の販売実績データをまとめる
昨日のデータをまとめて管理表に入力していきます。

12:00 昼休憩
昼食をとります。

13:00 外出
担当代理店の保険販売状況を確認しに行きます。

15:00 新商品開発会議
代理店からの情報を元に、お客さまのニーズに合った新商品開発のための会議を行います。

17:00 代理店フォローの電話
実績が思わしくない代理店に電話して、課題や改善策について話します。

19:00 接待
期末は接待も多くなります。

22:00 帰宅
接待が終わったら帰宅します。

損害保険会社社員になるには

損害保険会社の入社試験を受ける

損害保険会社に入社するには、転勤のない「一般職」と全国転勤や海外勤務がある「総合職」のどちらかで採用されることです。

損害保険会社は就職活動生に人気が高く、どちらの採用枠も採用試験は非常に高倍率なことで有名です。

また入社後に損害保険を取り扱う業務をする上では「損保一般試験」に合格しなければいけません。

これは入社後の研修期間中に会社から指導を受けることが多いので、採用試験前に特別勉強しておく必要はありません。

損害保険会社社員の学校・学費

国内大手はエリート思考

国内大手の損害保険会社は採用人数の割に応募者が多く、総合職として採用されたい場合は国内の難関大学・大学院卒業が必須になります。

国内の仕事以外にも海外での仕事も増えているので、留学経験や語学力があると更に採用されやすくなる可能性があります。

事故のお客さまの電話対応や、代理店の実績管理が主な仕事となる一般職は、4年生大学卒業が条件になることが多いですが、学歴としては高学歴の大学だけではなく地方私立など幅広く採用されます。

損害保険会社社員の資格・試験の難易度

「損保一般試験」が必須

損害保険会社で働く社員は、必ず入社後に「損保一般試験」という資格を取得することになります。

この資格は、保険を募集するにあたり、保険商品に関する重要事項等を正確に説明するための知識を身につけることが目的です。

テキストなどで1ヶ月ほど一通り勉強してから試験に挑むことになります。

勉強なしで受かるのは難しいですが、この資格がないと業務に支障が出るので、ほとんどの人がしっかり勉強をして一発で合格しているようです。

損害保険会社社員の給料・年収

高収入で有名

損害保険会社は一般的に給料が高く、大手の損害保険会社の場合、初任給が24万円ほどで年に二回の賞与もあります。

20代の社員でも年収500万円以上になることは珍しくありませんし、40歳代になると年収1000万円になることもあります。

管理職や外資系の証券会社の場合はさらに給料が高く、年収2000万円クラスの人もいるようです。

仕事はハードですが成果を出せば収入に反映されるのが損保業界なので、自分の力でどんどん稼ぎたいという人にとっては最適な環境といえるでしょう。

損害保険会社社員のやりがい、楽しさ

困った時にお客さまを助けることができる

災害や事故など万が一に備えての損害保険ですが、保険に加入しておくことで大きな被害があったとしても家を立て直したり、車を買い替えたり、自己の場合は相手の治療費を支払ったりできます。

精神的にもつらくなる局面でお金も十分にないとストレスになりますが、そういう局面でお客さまを助ける仕事ができるのはやりがいと言えるのではないでしょうか。

また、この業界は基本的に高収入のため、仕事を頑張れば評価されるというのも損害保険会社で働く魅力です。

損害保険会社社員のつらいこと、大変なこと

顧客のクレームを受けること

損害保険会社の1番のストレスは顧客からのクレームを受けることでしょう。

例えば顧客が事故をした時に、保証の範囲外と判断されたり、お金が支払われるのが遅かったたりすると、強いクレームを言われるときがあります。

クレームを言われてもパニックにならず、冷静に顧客からの言葉を受け止められる器が必要になるでしょう。

また、大きな災害が起こるとどうしても残業や休日出勤は避けられないので、その辺は覚悟して入社する必要があります。

損害保険会社社員に向いている人・適性

相手の気持ちに寄り添える

損害保険会社で働く人は、相手の気持ちに寄り添い、どんなサービスやどんな声掛けをして欲しいかが分かる人といえます。

保険に加入しようとしている人は将来の万が一の事態に不安を覚え保険に加入しようと思っているので、納得してもらうまで丁寧に説明をする必要があります。

また、災害時など実際に払い出しが必要になった時には、環境の変化に不安やストレスを抱えている顧客にこれ以上の不安を与えることのないように、手際よく対応しなくてはいけません。

損害保険会社社員志望動機・目指すきっかけ

ピンチのときを救える仕事がしたい

損害保険会社の社員になりたい人は責任感や正義感が強い人が多いのではないでしょうか。

起きて欲しくはないことですが、万が一の災害や事故に備えた商品である損害保険を提供して、ピンチのときを救える仕事がしたいと思い損害保険会社を目指す人が多いようです。

また、海外事業が拡大している業界なので、今後は海外進出する会社や新たに海外取引を始める会社にアプローチが増えるでしょう。

そのため、国際的に働き、語学を生かしたいという人にも人気がある業界です。

損害保険会社社員の雇用形態・働き方

正社員や派遣社員などさまざま

損害保険会社は新卒採用で総合職、一般職共に採用されることが多いです。

一般的に総合職は営業や保険商品の企画を行い、一般職は事務やコールセンター業務を行うことになります。

一部の損害保険会社は、一般職を廃止し、地域総合職として地域間移動はありませんが、女性も積極的に営業を行うような働き方も広まっています。

また、一般職と同じような仕事をする派遣社員の採用もあり、電話対応やデータ収集作業などを行います。

損害保険会社社員の勤務時間・休日・生活

基本的には平日出勤

損害保険会社で働く場合、基本的には土日祝休みとなり、暦通りの営業になることが多いです。

特に法人営業や代理店営業の場合は、企業の休みに合わせるので、たまに休みの間に電話対応が必要な時もありますが基本的にはオンとオフがしっかりしています。

ただし、事故対応のコールセンターなどは24時間体制であることが多く、夜勤の可能性もあります。

ただし、このような夜勤業務は正社員ではなく、派遣社員が行うことが多い傾向にあります。

損害保険会社社員の求人・就職状況・需要

毎年新卒採用がある

国内の損害保険会社のほとんどは、総合職・一般職共に毎年新卒採用があります。

しかしながら、安価なネットメインの損害保険なども普及しいつつあり、業界は縮小傾向のため、今後は採用も減っていくのではないかといわれています。

特に国内しか取引がない会社は今後淘汰されていく可能性が高いです。

東南アジアなどの発展途上国ではまだ市場が開拓されておらず、今後は海外進出に力を入れる会社が増える見込みなので、英語などの外国語が話せる人は重宝されるでしょう。

損害保険会社社員の転職状況・未経験採用

やる気があれば未経験も可能性あり

損害保険会社への転職は、給料が高いということもあり、転職者にとっては魅力的に映りますし、比較的未経験でも転職しやすい業界のようです。

覚えることが多く、未経験の転職は慣れるまでは厳しいようですが、実力主義の業界のため、実力があると認められれば転職者であっても出世できます。

全く違う業界からの転職も可能ですが、銀行や生命保険会社からの転職の方が業務内容的にも馴染みやすく、採用もされやすい傾向にあります。

損害保険会社社員の現状と将来性・今後の見通し

国際事業が生き残りのカギ

損害保険業界は、バブルの崩壊や少子高齢化、インターネットを利用した通販型の保険の登場など昔のままのスタイルでは生き残っていけない時代になりました。

少子化が進む日本国内では保険加入者となる若い世代が減少するため、今後はますます顧客の奪い合いが激化するでしょう。

こうしたなか、最近では損害保険の加入者が少ない新興国に新しい市場を開拓しようという動きもあり、この国際的な事業が損害保険会社の生き残りのカギとなりそうです。