航海士の給料・年収

航海士の活躍の場はおもに洋上です。危険な業務であるうえ、責任が伴うため、一般的な企業と比較すると給与は高く設定されています。

本記事では、航海士の平均年収や初任給、収入の上げ方などを紹介します。

航海士の平均年収・給料の統計データ

航海士の給与は、一般企業に比べてかなり高く設定されています。

新卒の航海士の初任給が30万円を超えることもそう珍しいことではありませんが、高給がもらえるにはそれだけの理由があります。

航海士の仕事内容は常に危険と隣り合わせであるだけでなく、責任の重さも飛びぬけています。

そのような責務に耐えることのできる人にしか航海士の仕事は勤まりません。

航海士の平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 年収 年収詳細
航海士
(給料バンク)
平均550万円~725万円 20代の給料:45万円
30代の給料:80万円
40代の給料:160万円
初任給:30万円
船長【タンカー・フェリー】
(給料バンク)
1150万円~1525万円 20代の給料:0万円
30代の給料:80万円
40代の給料:160万円
初任給:30万円
船舶乗務員
(Indeed)
406万円 時給1,021円
日給1.0万円
月給24.4.万円

各社のデータより、航海士の年収は500~1,500万円の間であることがわかります。

航海士の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の統計データをもとに算出すると、航海士の平均年収は700万円前後となると思われます。

ボーナスが年間でおよそ3ヶ月と考えると、月額総支給額は46万円、ボーナスは年間140万円ほど支給されていると考えられます。

月の手取り額は42~43万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準はかなり高めとなっています。

航海士の初任給はどれくらい?

一般的な海運会社に就職した場合、初任給は月額22万~25万円程度が相場のようです。

海上保安庁で船舶職員となる場合、海上保安大学校や海上保安学校で海上保安官として必要な知識を学びます。

教育機関卒業後職種に応じ、本庁・管区海上保安本部・海上保安部等の陸上部署や巡視船艇等に配属されますが、試験合格した段階から給与は支払われ、一般職(大卒程度)は216,840円とされています。

これは東京都特別区内に勤務する場合における地域手当を含んでおり、地域手当の支給されない地域での一般職採用は180,700円とされています。

航海士の福利厚生の特徴は?

保険制度は手厚く手当も多い

その他の仕事と比較しても、危険な作業の多い航海士の仕事には船員保険と呼ばれる独自の保険制度が用意されています。

また年金制度についても、一般の厚生年金や国民年金とは違った独自の制度があることから、保険や年金の補償は手厚く行われているといえます。

勤務に応じた長期休みも

航海士の勤務体制は極めて特殊で、乗船する船によっても大きく変わり、3ヶ月の乗船後に1ヶ月の休暇を取るといった長期休みもあります。

この休暇中ももちろん給料が支給され、長期休みだからと言って給料がもらえないことはありません。

航海士の給料・年収の特徴

階級によって決まる給与

航海士の中には、船長を筆頭に1等から3等までの階級が存在します。

階級が高いほど給与も高くなりますが、仕事に対する責任と重圧は増します。

船をまとめる船長クラスになると給与はかなり高く設定されるため、年収が1,000万円を軽く超えることも少なくありません。

特殊な勤務手当で貯金が増えやすい

航海士は船上で寝泊まりする勤務体制によって、生活費や光熱費がかかりません。

また外食やショッピングも出来ないため、自然と貯金額が増えていく傾向にあります。

航海士が所属する代表的な企業の年収

会社名 平均年収 平均年齢
日本郵船 971万円 39.6歳
商船三井 986万円 37.0歳
川崎汽船 831万円 38.2歳

出典:2019年現在(各社有価証券報告書より)

日本郵船の平均年収

日本郵船の平均年収は971万円です。

商船三井・川崎汽船と並ぶ日本の三大海運会社の1社で、国内・海外を合わせて350以上の都市の港へ乗り入れており、運航船舶数規模屋売上高で日本では1位、世界でも最大手といわれる海運会社です。

商船三井の平均年収

商船三井の平均年収は831万円です。

売上高は国内2位で、天然ガスなどエネルギー輸送分野に強みを持つ会社です。

航海士の給料・年収のまとめ

航海士の平均年収は700万円前後と、一般企業に比べてかなり高く設定されています。

新卒の航海士の初任給が30万円を超えることもそう珍しいことではありませんが、その仕事内容は常に危険と隣り合わせであるだけでなく、責任の重さも飛びぬけています。

福利厚生も充実していて、船員保険と呼ばれる独自の保険制度が用意されているほか、一般の厚生年金や国民年金とは違った独自の制度があります。

航海士の勤務体制は極めて特殊で、乗船する船によっても大きく変わり、3ヶ月の乗船後に1ヶ月の休暇を取るといった長期休みもあります。

階級が上がればその分責任も増しますが、1,000万円を超える年収も夢ではありません。