このサイトは航空会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「航空会社社員」

仕事内容
航空会社とは、航空機を用いて、旅客や貨物を輸送する企業のことをいい、「エアライン」と呼ばれることもあります。航空会社の組織体制は企業によって異なりますが、大きく「運航」「整備」「運送」「管理・営業」に関連する各部門で成り立っており、「パイロット」や「客室乗務員(CA)」のほか、「航空整備士」「グランドスタッフ」などおもに空港で働く社員のほか、営業や経営企画、経理、人事といったように本社で組織運営を円滑に進めるためのさまざまな業務に携わる社員もいます。
なるには
航空会社社員として働くには、各航空会社が実施する社員採用試験を受け、採用される必要があります。新卒採用は「総合職(地上職)事務職」「総合職(地上職)技術職」「客室乗務職」「自社養成パイロット」の区分別で行われることが多く、一般的に、客室乗務職以外は「大卒以上」の学歴が求められます。航空会社によっては、まず契約社員として採用され、一定期間働いた後あるいは勤務態度などが認められると正社員になれるシステムをとっているところもあります。
給料
航空会社の平均年収は、700万円~800万円程度といわれています。ただし、航空会社にはさまざまな部門や業務があり、年収は職種によってもだいぶ幅が出ているのが実情です。最も年収が高いとされるパイロットは、機長になると2000万円を超える人もいますが、客室乗務員で400万円~500万円程度、グランドスタッフで300万円~400万円程度、総合職は400万円~500万円程度と考えられます。初任給については、各職種とも17万円~23万円程度となっています。
将来性
LCC(格安航空会社)の登場、台頭により、航空業界の競争は以前にも増して激化しています。少子高齢化や労働人口の減少などによって、この先、日本国内における旅客機の利用人口は減少していくものと考えられますが、海外観光客の増加や東京五輪開催に伴うインバウンドの強化などから、国際線についてはまだまだ成長していくものと考えられています。しかし、航空業界は景気動向やテロ、感染症といったイベントの影響を受けやすいため、業界を取り巻く環境には厳しさも付きまといます。