女性のバス運転手のキャリアパス・結婚後の生活

女性のバス運転手の現状

「バス運転手は男性の仕事」というイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、実際には女性でもバス運転手として活躍している人は少なくありません。

その比率も徐々に高まっています。

バス運転手として働くにあたって、男性と女性で仕事内容を区別されることはありません。

きちんと技術を身につければバスの運転は女性でも問題なくできますし、男性と同じようにスキルアップしていくことができます。

運転手の高齢化が進み、人材不足に悩むバス会社が増加傾向にあるなか、若い女性をどんどん採用し、自社で育成する会社は今後も増えていくだろうといわれます。

女性のバス運転手の強み・弱み

女性が優しく車内アナウンスをすればお客さまから安心してもらいやすいですし、とくに小さな子どもやお年寄りにとっては、運転手が女性というだけで安心感があると感じる人も多くいます。

こうした理由から、年配の買い物客や子連れの母親などの利用が多い路線に女性運転手を配置するところもあります。

バスを利用するお客さまも、まだまだ女性運転手が「珍しい」と感じる人が多く、最初は驚かれるかもしれません。

一方でお客さまから声をかけてもらえることも多く、お客さまからの反応を力にして活躍することができるでしょう

バス運転手の結婚後の働き方・雇用形態

福利厚生や待遇の改善に力をいれている企業も増えてきています。

結婚・出産後の女性が働きやすいように勤務体系に柔軟性を持たせていたり、社内では女性用の更衣室やトイレをきちんと整えていたりする会社も多いです。

こうした企業を選べば、女性でも安心して長く働き続けやすいでしょう。

バス運転手は子育てしながら働ける?

近年では育休・産休だけでなく、育児中は時短で働くことができたり、体調の悪い日は乗務を休めるなど妊婦でも休暇がとれる制度を整えたりと、工夫を凝らしているところが増えています。

営業所内に託児所を設け、自社で子どもを預かれるようにしている企業もあります。

これはどの企業も女性運転主は貴重な存在で、出来るだけ長く働いてほしいと考えているところが多いためです。

また、担当路線が固定されていないような地域密着型の企業の場合は、誰かが休んでも他の運転士がカバーでき、急な休みやシフト変更にも柔軟に対応できるよう体制を整えています。

バス運転手は女性が一生働ける仕事?

ほとんどが男性という世界に、女性が入っていくことに不安を感じる人も多いでしょう。

もし、女性でこれからバス運転手になってみたいと考える場合、積極的に女性を採用している会社を調べてみましょう。

近年は、女性を積極的に採用したり、制度を整えたりしていることを売りにしている会社もありますし、女性運転手の活躍をホームページで見られるところも増えてきています。

同じ女性の先輩が多く活躍している企業では、ロールモデルがいるため、キャリアプランも描きやすいでしょう。