バス運転手のつらいこと、大変なこと、苦労

バス運転手のつらいこと・大変なこと

集中力が必要

バス運転手のほとんどはもともと運転が好きな人ですが、バスの運転は決して簡単にできるものではありません。

家庭で一般的に使う乗用車とは違い大型の車両となるため、狭い道や細い道での行き違いの際は、かなりの集中力を要します。

また、坂道発進や停発車も簡単そうに見えるかもしれませんが、確かな技術がなければスムーズにはいきません。

ダイヤや安全運行も常に意識しなくてはならないため、神経をかなりすり減らします。

乗務中はほとんど気を抜く暇がなく、1日中集中力を絶やすことができない仕事なのです。

お客さまとのやりとり

バス運転手は、プロの運転手としての活躍に加え、プロの接客が求められる仕事です。

挨拶やアナウンスはもちろんのこと、運転をしながらも常にお客さまの様子を気遣っていなくてはなりません。

ときには「接客態度が悪い」「渋滞で到着が遅れた」などの理由で、クレームを受けてしまうこともあります。

お客さまと直接やり取りできることはこの仕事の魅力でもありますが、他のお客さまに対して迷惑をかけるお客さまと出会ってしまうと、対応に頭を悩ませることも少なくありません。

バス運転手の悩み

バスは、人々の足となる公共交通機関で、平日も土日祝日も関係なく運行しています。

そのため、バス運転手も土日に出勤することはよくあり、休みは不規則になりがちです。

バス運転手になると、ゴールデンウィークや年末年始なども仕事という生活になりますし、連休を取るのも難しいことがあります。

勤めるバス会社にもよっては、早朝勤務や夜勤も入ることも珍しくありません。

とくに貸切バスの運転手として日帰りツアーを担当する場合、朝から夕方までスケジュールが組まれていることが多く、運転手は乗客を降ろした後に再び営業所へ戻るため、帰宅が遅くなりがちです。

勤務時間の長さや拘束時間の長さも、この仕事の大変なところといえるでしょう。

バス運転手を辞める理由で多いものは?

バス運転手を辞める理由で多いものは、給料が安いことです。

バス運転手は大型2種運転免許を取得しなくてはならないため、そもそもなるまでに一定の条件があります。

しかし実際に働いてみると、給料が安く転職をしてしまう人も少なくありません。

もともとバスは他の公共交通機関に比べると安価な運賃であることが多く、会社側もお客となる側もそれを踏まえて利用しています。

そのため人件費はどうしても抑えられてしまうことが多く、不規則な生活をしながら体力が必要な仕事をしても、満足に稼げないと不満を持つ人も多くいます。

そのほか、座りっぱなしの姿勢で足腰を悪くし、体力面からこの仕事を離れる人は非常に多いです。

これは、高齢のバス運転手が多いことも理由に挙げられます。

また、稀にではありますが運転中に事故などを起こしてしまい、そのショックや責任からこの仕事を去る人もいます。