車掌に向いている人・適性・必要なスキル

車掌は、電車に携わる職業・仕事のなかでも、サービス業の要素を含んでいます。

どのようなお客さま(鉄道の利用客)に対しても誠実な対応をすること、コミュニケーション能力が求められます。

また、安全な電車の運行のためには、使命感や高い集中力も欠かせません。

この記事では、車掌に向いている人・適性・必要なスキルについて解説します。

車掌に向いている性格・適性

あらゆる人に誠実に対応できるコミュニケーション能力

車掌の職場となる駅や電車は、小さな子どもから大人、お年寄りまで、さまざまな世代のお客さまが利用します。

また、体の不自由な人や日本語を話せない外国の人と接することも多いです。

どのようなお客さまに対しても誠実かつ適切な対応が求められる仕事であり、コミュニケーション能力は欠かせません。

  • 自己中心的ではなく他人を思いやった行動ができる人
  • 気配りができる人
  • 明るく前向きな考え方ができる人

などは、車掌に向いているといえるでしょう。

また、人柄がよく誰からでも好かれる人や、話しかけやすい雰囲気を持っている人なども、車掌に向いています。

人の役に立ちたいという思い・電車の安全を守る使命感

車掌は、電車に携わる職業・仕事のなかでも、サービス業の要素を強く含んでいます。

「お客さまの安全を守り、快適に乗車してもらいたい」「お客様の役に立ちたい」という思いやりと使命感のある人に向いているといえます。

誰かのために頑張って行動し、「ありがとう」と声を掛けてもらえたときに喜びを感じられるような人は、車掌向きといえます。

車掌になるには? 必要な資格はある?

車掌に必要なスキル・能力

集中力がある

車掌の仕事では、電車に乗務している間は高い集中力を必要とします。

実際の運転は運転士が行うものの、ドア開閉時の安全確認は車掌の大事な業務ですし、安全な運行のためには常に集中力を保っていなくてはなりません。

集中量が切れやすくすぐに注意力が散漫になってしまう人、疲れやすい人などは、車掌としては苦労してしまうかもしれません。

自己管理ができ、体力がある

車掌の仕事では不規則な勤務形態になりやすく、また立ちっぱなしなど体力勝負であるため、日ごろから健康には気をつける必要があります。

もし乗務中に具合が悪くなってしまっても、自分一人のために電車を停めることはできません。

もし車掌が体調不良で冷静な判断ができない状態になると、大きな電車事故につながってしまう可能性もあります。

そのため、日ごろから食生活に気をつけたり、睡眠をしっかりとったり、体力維持に努めたりと、徹底した自己管理ができる人が望まれます。

車掌に向いていないのはどんな人?

車掌の業務中には、急病人や不審者発見のような突発的な事態や、乗客同士のトラブルなど、さまざまなトラブルに見舞われることもあります。

そんな予期せぬ事態に直面したとき、車掌は冷静に的確な判断を下して行動する必要があります。

大勢の人の命を預かる車掌がパニックになってしまっては、乗客たちも不安になりますし、現場は大混乱に陥ってしまいます。

突発的な事態に慌てやすい人や頭が真っ白になってしまう人よりは、どんな場合でも落ち着いて客観的に状況を判断できる人のほうが、車掌には向いているといえるでしょう。

「車掌に向いている人・適性・必要なスキル」のまとめ

車掌に向いている性格・適性として挙げられるのは、コミュニケーション能力に長けていることや、人の役に立ちたいという思いがあることです。

また、車掌に必要なスキル・能力としては、集中力を保てること、自己管理ができて体力があることなどが挙げられます。

「お客さまのために電車を安全に動かす」という使命感を持ちつつ、どんな場合でも落ち着いて客観的に状況を判断できる人が、車掌には向いています。