女性の鉄道会社社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の鉄道会社社員の現状

日々電車を利用していると女性の運転士や車掌、駅業務についている女性をよく見かけるようになりました。

一昔前までは男性の職場というイメージが強かった鉄道会社ですが、現在は女性鉄道社員も増えている現れではないでしょうか。

時代の変化とともに働き方も多様性を増し、鉄道会社もダイバーシティへの取り組みが活発化しており、その中に女性社員の活躍も含まれています。

最大手であるJR東日本を例にすると、新卒採用者の女性比率30%以上、女性管理職比率10%以上、すべての職場で女性社員が活躍できる環境整備など、あらゆる目標を設定しています。

今後も女性が働きやすい職場環境への取り組みは継続していくため、さらに女性社員が増えていくと考えられます。

女性の鉄道会社社員の強み・弱み

女性だからといって特段業務内容が変わることはないため、業務上での強み・弱みは基本的にありません。

しかし、利用者からすると親近感や安心感といった印象を与えられるため、あえていうなら強みといえるでしょう。

また出産・育児を経験した女性社員であれば妊婦や子ども連れの利用者に対し、ちょっとした心づかいができるなど、ソフト面での強みもあります。

鉄道運用以外でいうと企画職などは以前から女性が活躍している職種です。

特に女性をメインターゲットにした商業施設にたずさわる際などは、女性としての感性や視点はおおいに生かされるでしょう。

女性社員が年々増加し、職場環境も変わってきていますがトラブル時などは昼夜関係のない対応が求められます。

体力的にもそうですが、家族がいる場合はパートナーを含め、まわりの協力が必須でしょう。

鉄道会社社員の結婚後の働き方・雇用形態

女性の活躍が期待されているため、結婚後も継続して働ける環境整備にも力を入れています。

ある大手鉄道会社の例ですが、育児休職、短時間勤務、短日数勤務といった仕事と家庭の両立支援制度を充実させ、出産・育児などを経ても安心して復職できる体制を整えています。

また休職中・復職前に面談を行い、スムーズな復職を実現するためのサポートを行う会社もありますし、職場や職種によってはフレックスタイム制を導入しているケースもあります。

会社によって取り組みはさまざまなので、育児サポート体制も確認しておくとよいでしょう。

鉄道会社社員は子育てしながら働ける?

仕事と家庭の両立支援制度は各社取り組んでおり、制度を活用して復職している女性社員も大勢います。

以下はJR東日本の制度です。

・子どもが3歳になるまで取得可能な「育児休暇」
・日中時間帯の6時間勤務にできる「短時間勤務」(子どもが3歳まで)
・月4日の育児休日を取得できる「短日数勤務」(子どもが小学校3年生まで)

ほかにも事業所内に保育所を設置し、日勤のみならず不規則な勤務形態に対応できるよう24時間保育日の設定も行っています。

仕事と家庭の両立における不安や悩みを共有できる研修を実施し、育児中もやりがいを持って仕事に取り組めるようにサポートを行う会社もあります。

鉄道会社社員は女性が一生働ける仕事?

女性でも鉄道会社で一生働くことができます。

男女差のない仕事がほとんどですし、キャリアパスも男性社員と何ら変わりません。

努力次第で活躍できるフィールドが広がるため、大きなやりがいを持って仕事に取り組めるでしょう。

育児に関する休暇制度や仕事と家庭の両立支援も充実している方といえますし、今後はさらに充実していくと考えられます。

当然、周囲の協力は必要ですが、出産・育児を経験して活躍している先輩社員はたくさんいるため、やる気次第で一生働ける環境はあるといえます。