運転手の求人・募集状況

運転手の就職先にはどんなところがある?

運転手はバス会社、タクシー会社、運送会社などの社員として働く人が多いです。

バス運転手は全国の路線バス会社や観光バス会社、タクシー運転手はタクシー会社が主な就職先になります。

またトラック運転手は、物流会社や運送会社に就職するのが一般的です。

中には業務委託のような形で働いている人もいます。

専属運転手として働く場合は、会社で社員として運転手を雇用する場合と、依頼主個人が直接運転手を雇用する場合があります。

いずれのケースでも運転する車によって必要な免許があり、特殊な訓練が必要となります。

運転手の求人の状況

運転手を目指す若者にとって、近年は絶好のチャンスと言えるでしょう。

なぜなら、タクシー、バス、トラックいずれの業界も運転手の高齢化が課題となっており、積極的に若手を採用したいと考える会社が増えているからです。

もちろん、経験を積めば積むほど運転が上手になるため、定年後も嘱託雇用などで積極的に働きやすいのがこの仕事の魅力ではあるのですが、体力や判断力を要する仕事であるだけに、若い世代の活躍が大いに望まれています。

運転手の就職先の選び方

「若者に来てほしい!」と叫ぶだけではなかなか状況が変わらぬ中、「より働きやすい環境」を作ろうと、職場環境や待遇面の見直し、改善に乗り出す会社も増えています。

たとえば、業務に必要な免許の取得費用を会社が一部負担したり、それまで経験者を優遇していた会社でも研修制度を充実させたりして、未経験者を採用し、入社後に一人前の運転手に育てようという動きが出てきています。

社会的にも「運転手の待遇向上」が叫ばれているため、これから運転手を目指す人にとっては、より良い労働環境が期待できるかもしれません。

とはいえ、運転手の仕事は体力・精神力を要し、不規則な生活にもなりやすいため、決して楽なものではありません。

各業界とも大手から中小零細企業までさまざまな会社がある中、給与面や待遇、人間関係などを含め、自分が安心して働ける職場を選ぶことが重要と言えます。

運転手の志望動機・面接

運転手の志望動機として最も代表的なのが、運転するのが好きといったものです。

実際に運転を仕事にするとなると体力も精神力も求められ、長距離の運転などは本当に運転が好きな人でないと難しい面もあります。

またバスやタクシーなどの場合はお客さまに快適で安全に乗ってもらうため、たくさんの人と接したい、人を乗せて走ることが好きというのも志望動機になるでしょう。

一方で、トラックは会社対会社の付き合いが多くなるので、人とのつながりは少なくなります。

同じ運転手でも車によって接する人や働き方が異なるので、自分の志望動機と仕事のつながりをしっかり見極めましょう。

運転手の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

運転手の求人は、ハローワークや一般的な求人サイトで見つけることができます。

バス・タクシー・トラックのいずれも人材不足のため、多くの求人情報を見つけることができるでしょう。

専属運転手の場合は、あまり一般に公表されず、人づてや紹介で募集の情報が行われることも多くあります。

トラックドライバーや運転手向けの求人を集めた専門サイトもあるため、求人を探す際は積極的に利用してみるとよいでしょう。