セールスドライバーになるには

セールスドライバーになるまでの道のり

運送会社に就職する

セールスドライバーの大半は、宅配便などを届ける運送会社で働いています。

運送会社は、誰もが知る大手企業から、中小規模の企業までさまざまあり、現代社会を生きる私たちにとって、もはや宅配システムはなくてはならないものとなっています。

しかし、こうした産業が成長し続ける一方で、セールスドライバーは人手不足といわれています。

この仕事は、体力が必要であったり、長時間労働になったりすることもあり、決して楽な仕事ではないため、離職率が比較的高く、年間を通じて求人も多数出されています。

見方を変えれば、この仕事への就職を目指している人にとっては大きなチャンスがあるといえるでしょう。

セールスドライバーの資格・難易度

セールスドライバーとして実際に業務に携わるには、いくつかの条件があります。

まずは、運転免許が必要です。

この仕事ではトラックを運転して荷物の配送や集荷を行うため、運転免許は必須です。

しかし、入社時点では普通運転免許さえ持っていれば問題ありません。

中型免許については持っていれば優遇されることがあります。

なお、普通運転免許に関しては、企業によってはAT限定が「不可」とされている場合もあるため、注意が必要です。

また、取得から1年以上経っていること、運転経験があることを条件とする企業が多いようです。

セールスドライバーになるための学校の種類

セールスドライバーの仕事で学歴が問われることはあまり多くありません。

専門的な勉強をしていなければならないというわけでもなく、熱意さえあれば、基本的には誰でもセールスドライバーを目指すことが可能だといえるでしょう。

セールスドライバーに向いている人

配送中のセールスドライバーは一人で仕事をこなさねばならないため、一人仕事が苦にならないことが前提です。

また、配送中にはトラブルに巻き込まれたり、事故に合ったりする可能性もあるため、かつ常に冷静さを保ち、落ち着いて行動できるような人が、セールスドライバーには向いているといえます。

さらに、デスクでパソコンに向かいじっとしているよりは、身体を動かすことが好きな人、たくさんの人と触れ合うのが好きな人のほうが向いている仕事だといえます。

セールスドライバーに向いている人・適性・必要なスキル

セールスドライバーのキャリアプラン・キャリアパス

セールスドライバーは、各運送会社などに正社員として就職することができますが、求人内容によっては正社員になることを前提とした契約社員としてのスタートとなっている場合もあります。

その場合、定期的に社内での昇級試験が行われ、勤務態度や営業成績などと併せて正社員になれるかどうかが決まります。

また第一に「事故を起こさないこと」が重視される仕事であるため、万一事故を起こしてしまうと昇級できないこともあります。

セールスドライバーを目指せる年齢は?

年齢制限がある場合も

年齢を問われることはあまりありませんが、企業によっては20代半ば~30歳未満くらいの年齢制限を設けていることもあるため、確認が必要です。

セールスドライバーは、健康である限り長く働き続けることができますが、就職については長期的なキャリア形成を目的とすることなどから、若い人を積極的に採用したいと考えている企業が多いようです。

とくに未経験の場合は若い人のほうが歓迎されやすいようです。

未経験でもスタートしやすい

別の仕事から転職してセールスドライバーになる人も非常に多いです。

セールスドライバーは、高い学歴や専門的な知識などが問われる仕事ではないこと、また人手を必要としている運送会社が多いため、異業種からの転職も比較的しやすいといえるでしょう。

年間を通じて、未経験者も歓迎の中途採用の求人は多く出ていますし、普通自動車運転免許を持っていれば誰でもセールスドライバーになれる可能性があります。

とはいえ、この仕事はサービス業であることから、誠実さや勤勉さなど人間性が強く問われます。

いくら人手不足の職場であっても、「この人に仕事を任せるのは不安だ」と思われてしまっては、採用されることは難しいでしょう。

セールスドライバーは高卒から目指せる?

採用の際に、学歴は「高卒以上」を条件としている企業が大半です。

資格に関しても、たいてい「普通自動車免許(取得後1年以上)」を持っていれば就職できるため、ハードルはさほど高くないといえます。

セールスドライバーは女性でもなれる?

女性でも活躍できる仕事

セールスドライバーというと、男性の仕事と考える人も少なくないでしょう。

運送業全体では、男性の割合が非常に大きいですし、そこで働いているドライバーもその多くが男性であることは事実です。

しかし、女性でもセールスドライバーとして現場で活躍している人はいますし、各企業も女性だから採用しないということはありません。

管理職となって収入をアップさせている女性ドライバーもいますし、子育てをしながら働いている人もいます。

とくに大手企業であれば産休や育児休業の制度も整っていることから、もし将来的に結婚や出産をするとしても、熱意があれば仕事を続けることは十分に可能です。

健康であることは必須条件

女性だからといって、仕事内容に男性と差が付けられたリ、業務量を減らしてもらえるわけではありません。

重い荷物をたくさん持ち上げる機会が多いなど、体力を要する仕事のため、男女問わず体力があることはもちろん、健康的であることは、この仕事に就くうえで必須条件だといえるでしょう。

セールスドライバーの志望動機・面接

セールスドライバーの志望動機

セールスドライバーを目指す人の多くは、運転することが好きであり、物流や配送の仕事に興味があるという思いを持っているようです。

また、身体を動かす仕事がしたいというところから、この仕事に就きたいと考える人もいます。

セールスドライバーは、「配送」といった業務を通じて地域の人の暮らしを支える社会貢献性の高い仕事です。

そうした仕事内容に魅力を感じ、世の中の役に立ちたいという気持ちを素直に表現するとよいでしょう。

セールスドライバーはただ荷物を運ぶのではなく、「地域のお客さまの役に立ちたい」「物流を支えたい」といった使命感が必要とされます。

どんなセールスドライバーになりたいのかをしっかりと考え、それを志望動機として表現する必要があります。

セールスドライバーの面接

面接では、おもに運転技術や免許についての確認や、前職での経験がについて質問されます。

なかでも最も重視されるのは「人柄」だといわれています。

セールスドライバーは個人宅や企業などへ出向き、お客さまと直接顔を合わせる機会が多いため、セールスドライバーの対応そのものが自社の信頼につながっていくのです。

誠実で信頼に値する人柄であるかどうかが、合否を判断する要素になることも多く、身だしなみや清潔感、言葉遣いなど十分に気を遣う必要があります。