船員(部員)になるには? 仕事内容は?

船員(部員)とは

資格がなくても船上で働ける

船員(部員)とは、船舶に乗り組み海上で働く人たちのことです。

船の上で働く場合、大きく分けると国家資格である「海技士免許」を持つ船長・機関長・機関士・航海士など(オフィサー)と、国家資格を持たない甲板員・機関員・事務員など(クルー)の2種類の働き方があります。

船上勤務は「甲板部」「機関部」「無線部」「事務部」などに分かれており、甲板部と機関部には海技士免状をもった航海士もしくは機関士と部員が所属しています。

航海士や機関士を補助し、さまざまな仕事を行う甲板員・機関員・事務部員などは資格がなくても働くことができ、中学を卒業後すぐであっても採用されれば部員として働き始めることができます。

船員(部員)が活躍する場所

甲板部

航海士の指示を受けながら、見張りや荷物の積み下ろし、機器の保守点検などを行います。

甲板長(ボースン)・甲板手(ストアキーパー・クォーターマスター)・甲板員(セーラー)で構成されています。

甲板長は甲板部員全体の指揮・管理を行ないます。

機関部

操機長(ナンバン)の指示を受けながら、機関の運転や点検整備を行います。

機関長のほか、操機手(オイラー)・操機員(ファイヤーマン)で構成されています。

事務部

乗務員の食事作りを担当する調理員(コック・司厨部)のほか、客船やフェリーで乗客にサービスを行う事務員やアテンダントなどがいます。

船員(部員)の仕事内容

船を安全に航海させるため、航海士や機関士、部員は一丸となって任務に取り組みます。

甲板部に配属された場合、航海士の指揮下のもと船舶の運航、貨物の積みおろし、船体整備といったありとあらゆる仕事をこなしていくことになります。

一旦航海に出ると船は24時間体制で操縦され、停泊中であっても監視が行われています。

船では24時間を3つの時間区分で8時間ごとに分け、交代で当直を行うのが通常です。

部員は必ず航海士とペアを組んでこの当直を行います。

当直の時間帯によっては、朝夕時の薄明や日没、日の出と言った気象条件が変わるため、さまざまな条件化で船の運航状況や周囲の船舶の動きなどを監視する方法を航海士から教わることは、部員にとって重要な経験になります。

船員(部員)になるには

船員(部員)になるために、特別な資格は必要ありません。

商船会社や船舶会社などに船員として就職すれば、誰でもなることができます。

こうした求人は、船舶を扱う運輸局や運輸支局の船員職業安定所で見つけることができます。

また、海上技術短期大学校などの船舶職員養成系の学校に進学するという方法もあります。

船員(部員)からのキャリアアップ

海技士免許を持たずに働き始めた部員は、甲板部か機関部のどちらかに所属することが一般的です。

部員として仕事をスタートした後、一定の期間勤務すれば海技士国家試験を受験することができます。

取得した海技士資格の級数によって乗船できる船の種類が変わり、乗船履歴も更新されることでさらに上級試験に挑戦することが可能になり、部員から航海士もしくは機関士へステップアップし、さらに船長もしくは機関長を目指すこともできます。