運転手のやりがい・楽しさ・魅力

運転手のやりがい・楽しさ

タクシー運転手のやりがい

お客さまとの距離が近い

タクシー運転手の仕事のやりがいは、毎日さまざまなお客さまに出会えることです。

老若男女問わず、ときには海外からの観光客を乗せることもあります。

お話好きなお客さまとは雑談を楽しむこともあり、お客さまと接する中で、ただ運転すること以外の充実感を味わえます。

またお客さまのニーズはそれぞれ違うため、限られた時間の中でどれだけ喜んでいただけるサービスが提供できるかも、運転手の腕の見せ所です。

土地に詳しくなれる

タクシー運転手は、仕事を通じてその土地に詳しくなります。

これまで知らなかった土地の魅力が実感できたり、変わりゆく風景を眺めたりすることも、仕事の上での楽しみです。

経験を積み、地図を見なくてもお客さまが望む目的地にたどり着けるようになると、達成感を味わえるようになるでしょう。

バス運転手のやりがい

バスは一度に大勢の人を乗せて走るため、安全な運転を心がけることはもちろん、車内で乗客同士のトラブルが起きていないか、具合の悪い人はいないかなど、さまざまなことに気を配らなくてはなりません。

快適で安心できるバスの運行は、運転手の力によって成り立っているのです。

とくに路線バスでは公共交通機関としての役割を果たすため、「社会の役に立っている」という実感も味わえます。

トラック運転手のやりがい

トラック運転手の場合、タクシーやバスのようにお客さまを乗せて走ることはありません。しかし、もしトラック運転手がいなければ、日本全国の物流はストップしてしまいます。

スーパーやコンビニに当たり前のように並んでいる商品も、エネルギー源として欠かせない石油やガスも、個人がネットショッピングで注文した小さな商品も、ありとあらゆるものがトラックによって運ばれているのです。

一見地味に見える仕事かもしれませんが、自分の仕事が見えないところで大勢の人の役に立っていると感じられるのは、トラック運転手ならではのやりがいです。

また担当する仕事によっては、日本全国あらゆるところを走れることも、トラック運転手のやりがいと言えるでしょう。

専属運転手のやりがい

専属運転手のやりがいは、会社の社長や重役など第一線で活躍している人と近いところで働けるところです。

専属運転手を必要とするのは、会社役員政治家芸能人など一流と呼ばれる人ばかりです。

そうした人たちのもとで働けるということだけで誇りを感じることができますし、もし運転手として信頼してもらえれば、新たな仕事の道が開ける可能性もあります。

運転手の仕事内容

運転手の魅力

運転好きにはたまらない仕事

運転手の仕事の一番の魅力は、毎日運転ができることだといえるでしょう。

何時間車に乗っていても苦にならないという人であれば、楽しく仕事ができるはずです。

もちろん、より安全により効率的に仕事をすることを考えて、自分の理想通りに1日の仕事を終えられたときには大きなやりがいが感じられます。

また、大型バスやトラックなど、プライベートではなかなか運転できない車の運転ができることも、この職業に就いているからこその魅力です。

人に感謝されることが多い

自分の運転が誰かの役に立っていることを実感できることも、運転手の魅力です。

とくに路線バスの運転手などは公共性が高く、子どもからお年寄りまでさまざまな人が乗車するため、人や社会の役に立っている喜びを感じられる機会が多いはずです。

お客さまから「ありがとう」と言っていただけることは、働くうえでの大きなモチベーションになるでしょう。

実力次第で収入アップも望める

運転手は実力がつけばつくほど、業界で必要とされるようになります。

誰もが最初は未経験からのスタートですが、必要な資格を得て、難しい車両の運転もできるようになれば、その分だけ仕事の幅は広がっていきます。

もちろん、実力がつけば収入アップが期待できますし、より良い待遇の会社へ転職もしやすくなります。

タクシー運転手は歩合制のところも多いため、頑張り次第で稼ぎも変わってきます。

運転することが好きで、自分の力で勝負したい気持ちが強い人にとっては、とても向いている職業だといえるのではないでしょうか。