バス運転手に向いている人・適性・必要なスキル

バス運転手に向いている性格・適性

サービス精神のある人

バス運転手は、乗務中は一人きりで運転しますが、お客さまとの関わりも多い仕事です。

路線バスであれば地域の子どもや主婦、ビジネスマン、お年寄りなどが乗りますし、観光用の貸切バスであれば、バスで旅行へ行くことを楽しみにしているお客さまばかりです。

運転手は、決して話上手である必要はありませんが、お客さまが快適にバスを利用いただけるように場の空気を良くしたり、挨拶をしたりする必要があります。

「運転が好き」「バスを動かしたい」という熱意はもちろん大切ですが、それだけでなく「お客さまのためにがんばりたい!」というサービス精神を持っている人にこそ向いている仕事だといえます。

健康管理ができる人

バスに限った話ではありませんが、運転手が最も気を付けなければならないのは安全運転をすることです。

もし体調が芳しくない状態で乗務してしまえば、集中力を欠いたり、運転中に体調が悪化したりして、安全運転に支障が出る可能性が高まります。

毎回の乗務前には必ず健康チェックを行いますが、運転手として働く以上、普段から健康には十分に気を付けていなくてはなりません。

バス運転手は場合によっては不規則な生活にもなります。

そのため常に自分自身の心身の状態に耳を傾けて、いい加減な生活をせずに自らを律していける人に向いています。

真面目でコツコツと頑張れる人

バス運転手は、常に時間を気にしながら、正確に運転を行う必要があります。

そのためには、しっかりとした運転技術を身につけなくてはなりませんし、路線や周辺の地理を覚えるといった勉強も欠かせません。

日々、地道な努力が求められる仕事なだけに、コツコツ型で努力していける人に向いているといえるでしょう。

真面目な性格で、任されたことにはどんなことにも責任を持って誠実に取り組めるような人は、バス運転手としての適性があるといえます。

バス運転手になるには

バス運転手に必要なスキル・能力

バス運転手に必須のスキルは、基本的な運転技術です。

また単に運転が好きというだけでなく、安全運転に自信のある人でなくてはなりません。

路線バスでは決められたルートを時間通りに走らなくてはなりませんし、高速バスや長距離バスでは長い時間集中力を絶やさずに運転しなくてはなりません。

タクシーなど他の運転手と比べても、長い時間、大勢の人を乗せて運転することが多く、総合的な運転技術が要求される仕事です。

バス運転手に向いていないのはどんな人?

バス運転手は、集中力が求められる仕事です。

運転中に集中力が散漫になれば、大変危険なだけでなく事故につながる恐れもあります。

また、自分は安全運転に勤めていても、人や車が飛び出して来たり、落下物が落ちていたりと、危険な場面に出会うこともあります。

そのため、バス運転手は常に集中力を絶やさず、人の命を運んでいるという責任感を持ち続けられる人でなくてはならないのです。