通関士の1日のスケジュール・生活スタイル

通関士の業務スケジュール

通関士として独立・開業するのは基本的に難しいため、多くの通関士は企業に務めており、始業時間は税関の稼働に合わせ8:30からの場合が多いようです。

通関士が特に忙しくなるのは大量のモノが動く時、例えばお盆前やゴールデンウイーク、クリスマス前などです。

商品をベストタイミングで流通させるため、通関士も残業や休日出勤をして対応しているケースも多いようです。

書類のチェックや作成に細心の注意を払うのは当然ですが、さらに気を付けるポイントは締切時間だといわれています。

締切時間とは、輸入の場合は配送車の手配や港湾が閉まる時間、輸出の場合は飛行機や船などへの積み込むための書類提出の締切などです。

予定通り手配できなければビジネス上の損害のみならず、関わるすべての人たちの調整が無駄になってしまうため注意が必要です。

通関士の1日

通関業者で働く通関士

8:30 出社
税関の開庁に合わせて申告できるように出社し、前日に審査を終わらせていた案件の最終確認をしてNACCS(ナックス)で申告。
9:00 事務所の始業
事務所は9:00始業のため全員出社したところで朝礼を実施し、その後、優先順位を決めて次の案件の審査を行う。
11:00 申告
午前中最後の11:00の税関配布受付時間に間に合うように申告を行う。
12:00 昼休み
この日は順調に仕事が進んでいるので時間通り昼休憩を取れたが、日によっては時間をずらして休憩することも。
13:00 書類審査・申告
午後の税関配布受付に向け、優先順位をつけて効率よく案件の審査・申告を行う。
15:00 現地立ち合い
現物の税関検査のため、現地立ち合いに行き、事務所に戻ってからは翌日審査を予定している案件の書類審査を行う。
18:00 退社
翌日朝一番に行う案件の準備も終わり、キリがよいので定時退社。

物流会社で働く通関士

9:00 出社
朝礼後、メールチェックと本日の予定を確認。
9:30 輸入申告書類作成・審査
対象となる取引書類の審査と一部クライアントに修正依頼を行い、審査完了後、申告書類の作成を行う。
11:00 申告
午前中に手がけていた案件の輸入申告を行う。
12:00 昼休み
デスクに座りっぱなしのため、他部門の同期と外出してランチをしてリフレッシュ。
13:00 輸出申告書類作成・審査
午後は輸出案件に取り掛かる。

午前中同様、不明点をクライアントに確認し、申告書類の作成を行う。

15:00 輸出申告
午後に取り掛かった案件の輸出申告を行い、その後は明日の申告のための準備を行う。
18:30 退社
明日に通関予定の確認と整理を行い退社。

通関士の1日の流れは基本的に同じ

会社や業種によって取扱品や仕事内容は変わるため書類作成時の内容などは違いますが、上記のように通関士としての職務は税関申告ですので基本的に大きく変わることはありません。

会社によってはクライアントの対応は営業が担当するなど分業する場合もありますし、仕事内容やクライアントの業種ごとに担当を変える場合もあるようです。

いずれにせよ通関士は書類審査や申告といった事務手続きのみならず、税関対応やクライアントの相談役など、スムーズな貿易に不可欠な存在といえるでしょう。