通関士に向いている人・適性・必要なスキル

通関士に向いている性格・適性

忍耐力のある人

通関士の仕事は、税率計算や申告書類のチェック、作成などがメイン業務となりますが、間違えてしまうと輸出入する貨物の流通が遅れ依頼主に迷惑がかかります。

それだけではなく、追加税金を払う場合や何度もミスをしていると自分が所属する会社が営業停止になるなど、税関からペナルティーを課せられ、金銭的な不利益も生じさせます。

間違いが許されないため一つひとつの作業を確実にこなさなくてはならず、忍耐強さが必要になるでしょう。

多方面で物事を捉えらえる人

通関士の重要な仕事の一つに関税計算があります。

輸入する貨物は輸入統計品目表によって分類され、該当品目に適合した関税を申告しますが、その作業は通関士が行います。

例えば「A」と「B」2つの用途が考えられる商品の場合、「A」の商類は税率8%、「B」の商品分類は税率5%というケースも考えられ、そうした場合は当然「B」の商品分類で申告した方が支払う税金を抑えられます。

輸入統計品目表や貨物を一辺倒な見方しかできないと、本来削減できるコストを見逃してしまう可能性もあります。

そのため多方面から物事を捉えられる人が向いているでしょう。

通関士になるには? 必要な資格は?

通関士に必要なスキル・能力

貿易の知識

当然ながら、貿易に関する知識は必須です。

そもそも知識がなければ通関士資格に合格しませんが、実務で役立てるため貿易に関する法律や税金情報、時には違反事例も参考になるでしょう。

蓄積された知識は自分の案件でも役立つため、常に情報取集を行い知識を広げるのも通関士の役目かもしれません。

コミュニケーション力

デスクワークが中心の通関士ですが人と関りながら業務を進める機会も多いため、コミュニケーション力も必要です。

申告書類作成時に不明点や確認事項が発生すればクライアントから必要な情報を聞き出さなければ、正確な申告書類を作成できません。

また税関への説明をする機会もあり、なぜこの申告内容にしたかの主張を論理的にしなければ税関職員を納得させることができず、意図した関税で輸出入できなくなります。

そのため通関士にとってコミュニケーション力は、事務能力と同じくらい大事な要因といえます。

通関士に向いていないのはどんな人?

通関士に向いていない人をあえて挙げるなら前項とは逆のタイプの人でしょう。

忍耐力があまりなく、おおざっぱなタイプの人は緻密な書類作成能力が求められる通関士の仕事はあまり向いていないかもしれません。

加えて、通関士の仕事は基本的に書類審査と作成、そして税関への申告業務の繰り返しとなるるため、毎日仕事の変化を求めたい人も続けるのは難しいと思います。

多方面で物事を捉えらえるのも通関士に向いている適性ですが、その逆に「この場合はこれしかない」など、柔軟性に欠ける考え方だと仕事に行き詰まるかもしれません。

しかし、ここで挙げたのはあくまでも一例であり、仮に向いていないタイプにあてはまったからといって通関士になるのを諦めるのは得策ではありません。

本当に通関士として活躍したいのであれば克服するのは可能でしょうし、実務経験を積んでいけばおのずと改善されていくでしょう。