セールスドライバーの仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介

セールスドライバーの仕事とは

セールスドライバーは、宅配便などの荷物の配達、集配、料金回収、営業などを行う仕事です。

物流業界で活躍し、2トントラックや4トントラックなどを運転して、荷物を会社や個人宅へ届けることがおもな役目です。

セールスドライバーの業務の内容

セールスドライバーの仕事は、「荷主」と「受け取り手」の双方と顔を合わせる仕事です。

配達以外には、荷物をお客さまから預かる集荷業務、荷物を集荷している企業から代金を集める料金回収業務などがあります。

また他社で取り扱っている荷物を自社で扱ってもらうように提案する営業など、さまざまな仕事を担当することもあり、セールスドライバー自身が信頼されることで、自社の信頼にもつながっていきます。

セールスドライバーの仕事には人と人の密な関わりがあり、まさに人間力が勝負される仕事だといえるでしょう。

セールスドライバーの役割

セールスドライバーは、運送会社や集配所から、オフィスや個人宅などに荷物を届けたり、集荷希望の連絡を受けて荷物を引き取りに行ったりするのが主な役割です。

コンビニのルート配送や、百貨店や大手スーパーの即日配送サービスなどを引き受けている会社もあります。

基本的に、所属先の営業所などで、限られたエリアの配達業務等に携わるため、地域密着型のサービスを提供するのも、特徴のひとつであるといえるでしょう。

セールスドライバーの勤務先の種類

セールスドライバーの代表的な活躍の場は、運送会社です。

物流ビジネスには欠かせない存在であり、各運送会社には、多くのセールスドライバーが在籍しています。

セールスドライバーの仕事の流れ

セールスドライバーは、ただ運転することだけが仕事ではありません。

出勤すると、まず荷物を車やトラックへ積み、どのように配送するかスケジュールを確認します。

そして時間までに配送先まで運転し荷物を届けます。

仕事中は基本的に一人で仕事をしますが、直接お客さまから依頼を受けて荷物を引き取りに行くこともあるなど、お客さまと直に接する機会も多い仕事です。

セールスドライバーと関連した職業

セールスドライバーと似た仕事にトラック運転手があります。

トラック運転手との大きな違いは、運転する車両の違いです。

トラック運転手はさまざまなトラックを扱いますが、セールスドライバーの場合は2トントラックや4トントラックなど小型のものが中心で、場合によっては普通車を使うことも少なくありません。

そのため、トラック運転手のように大型免許がなくてもセールスドライバーになれる場合があります。

またトラック運転手は配送が専門ですが、セールスドライバーは配送だけでなく荷物を集荷したり、代金を回収したり、営業などをしたりすること珍しくありません。

ただし、近年ではトラック運転手も同じような作業をすることが増えてきており、厳密な区別がされることは少なくなってきています。

トラック運転手の仕事