このサイトは鉄道会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「鉄道会社社員」

仕事内容
鉄道会社のおもな仕事内容は、人々の重要な交通手段のひとつである鉄道を街に走らせ、その暮らしを支えることです。事前に決められたダイヤに沿って、安全・安心そして正確に鉄道を動かし、お客さまに快適なサービスを提供します。このほか、グループ会社などを通じて駅ビルなど商業施設の運営や、不動産開発、レジャー施設やホテル運営、さらに建設業やバスやタクシー事業の展開なども行い、「街づくり」そのものにも深く関わっています。
なるには
鉄道会社社員として働くには、各鉄道会社が実施する社員採用試験を受けて、採用される必要があります。鉄道会社によって採用試験の種類や内容は異なりますが、大手の場合、たいていは本社で幹部候補としてマネジメント業務に携わる「総合職」と事務の仕事を中心に行う「一般職」、さらには現場で車掌や運転士として働く「現業職」といった区分で採用活動が行われています。総合職や一般職は基本的に大卒以上の学歴が求められますが、現業職は高卒の人が多く活躍しています。
給料
鉄道会社社員の平均年収は600万円~700万円台の人が多いとされていますが、全体的に見ると、地方の鉄道会社よりも都市部を走る電車を運行する鉄道会社、そして民間よりも公営の鉄道事業社のほうがやや給与水準は高めとなっているようです。また、職種によっても若干の違いがあります。初任給については一般的に採用区分や学歴で差がつけられており、基本的に勤続年数と役職や階級が上がれば、給料も上がっていくしくみになっています。
将来性
都市部では各鉄道の相互乗り入れも年々進み、ますます利便性が高まっている反面、輸送密度の低い地方のローカル線は赤字経営に苦しむところも出てきており、廃線を余儀なくされるケースが増えています。人口減少から業界そのものの大幅な成長が期待しにくいなか、鉄道各社は従来の鉄道事業だけではなく、駅ビルなど商業施設の運営や不動産関連事業、保育や介護施設の運営といったような関連事業を多数手がけ、新たなビジネスの可能性を探っています。