「鉄道会社社員」とは

鉄道会社社員_画像

人々の交通手段となる鉄道を街に走らせると同時に、路線沿線の街づくりに携わる。

鉄道会社のおもな仕事内容は、人々の重要な交通手段のひとつである鉄道を街に走らせ、その暮らしを支えることです。

事前に決められたダイヤに沿って、安全・安心そして正確に鉄道を動かし、お客さまに快適なサービスを提供します。

また、駅ビルなど商業施設の運営や、不動産開発、バスやタクシー事業の展開なども行いながら「街づくり」そのものにも深く関わっています。

大手鉄道会社では、基本的に本社で勤務する「総合職」と駅員や車掌などになる「現業職」に分けて採用活動を行っており、現業職以外は大卒の学歴が求められるケースが多くなっています。

平均年収は600万円~700万円台程度とされていますが、会社の規模や地域などでも差が出ています。

人口減少により業界の大幅な成長が期待しにくいなか、鉄道各社は街づくりに関する関連事業を多数手がけ始め、新たなビジネスの可能性を探っています。

「鉄道会社社員」の仕事紹介

鉄道会社社員の仕事内容

鉄道を運行させると同時に、街づくりも担う

鉄道会社は、重要な交通手段のひとつである鉄道を街に走らせ、人々の暮らしや産業を支える企業です。

安全・安心かつ正確に鉄道を運行させることがおもな役割ですが、鉄道会社の事業は鉄道事業以外にも幅広く、そこで働く社員の仕事内容はさまざまです。

鉄道事業に関わる社員としては、駅員や運転士などの「現業職」や、車両や踏切を整備する「技術職」、運行ダイヤを考えたり、各種裏方作業を担う「事務職」などがあります。

また、鉄道沿線や駅に隣接する商業施設の管理運営も、鉄道会社が手掛ける代表的事業の一つです。

駅ビルなどの施設は、地域住民だけでなく、ビジネスマンや観光客などの利用客も多いため、街のシンボルとして重要な位置を占めており、鉄道会社は商業施設の運営にも注力しています。

このほか、不動産開発やレジャー施設運営、さらには建設業やバス・タクシー事業を展開する企業もあり、鉄道会社の事業は「街づくり」そのものにも深く関わっているといえます。

鉄道会社社員の就職先・活躍の場

活躍の場はかなり幅広い

鉄道会社社員の勤務先は職種によって異なり、現業職は駅や鉄道がおもな職場ですが、技術職はターミナル駅などに設けられた整備工場に、事務職は本社や支店などの事務所に勤めます。

また、職種を限定しない「総合職」の場合、企業によっては、商業施設の運営や不動産事業など手掛けるグループ内の子会社に出向を命じられる社員もいるようです。

このため、鉄道会社社員であっても、駅ビルや百貨店、不動産会社など、鉄道事業に直接関係のない場所で働く可能性もあります。

鉄道会社社員の1日

こまめに休憩を挟みながら乗務をこなす

鉄道会社社員のスケジュールは職種によって大きく異なりますが、一例として現業職車掌の1日をご紹介します。

鉄道は早朝から深夜まで運行しているため、シフト制の勤務となります。

12:00 出勤
駅の乗務員控室で、制服に着替えます。

13:00 乗務
前日の担当者から引き継ぎ、乗務を開始します。

15:30 休憩

16:00 乗務再開
この後も、おおむね1時間半につき30分程度休憩しながら乗務をこなします。

23:30 乗務終了
報告書を記載し、夕食、風呂などを済ませます。

0:00 仮眠

5:30 業務再開
始発電車から乗務を再開します。

11:00 乗務終了
次の担当者へ引継ぎ、帰宅します。


(参考:http://sanbamboshi.hatenablog.com/entry/2018/06/08/211447)
(参考:https://takope.net/gyokai-railway)

鉄道会社社員になるには

なりたい職種に応じた試験を受ける

鉄道会社社員として働くには、各鉄道会社が実施する就職試験を受けて、採用される必要があります。

大手の場合、幹部候補生としてマネジメント業務に携わる総合職、事務仕事を中心に行う一般職、現場で車掌や運転士として働く現業職など、職種ごとに採用が実施されます。

また、企業によっては、総合職が「事務系」と「技術系」に分かれていたり、全国転勤を伴う「全社コース」と勤務地域を限定した「エリアコース」に分かれているケースもあります。


(参考:https://www.westjr.co.jp/company/recruit/fresh/recruitinfo/sogo.html)

鉄道会社社員の学校・学費

職種次第で進路は大きく異なる

大手鉄道会社の総合職または一般職を希望する場合、基本的に大卒以上の学歴が求められます。

一方、現業職に就きたい場合は、ほとんどの会社で大卒よりも高卒のほうが採用人数が多くなっているため、大学に進学するよりもむしろ高卒で就職試験を受けたほうがチャンスは大きいでしょう。

採用実績のある高校には鉄道会社から直接求人情報が届くこともあり、学校経由で申し込むことも可能ですが、高校推薦を得るためには非常に優秀な学業成績を収めていなければなりません。


(参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11140348821)

鉄道会社社員の資格・試験の難易度

電車を運転するには国家資格が必要

鉄道会社に就職する時点で何らかの資格が求められることはありません。

しかし就職後については、車掌のように社内試験が必要となる役職もあり、駅員として1年~2年働いた後に受験資格が得られるケースが一般的です。

また、電車を実際に運行させる「電車運転士」については自動車と同じように運転免許が必要で、「動力車操縦者運転免許」という国家資格を取得しなければなりません。

国家試験では、筆記試験や身体検査、適性検査に加えて、難易度の高い技能試験が課されますので、駅員や車掌として勤務しながら、数年かけて技能を養っていくことになります。

鉄道会社社員の給料・年収

平均水準は高いが、企業や役職でばらつきがある

鉄道会社社員の平均年収は600万円~700万円となっています。

ただし、企業によって差があり、地方の鉄道会社よりも都市部を走る電車を運行する鉄道会社のほうが、そして民間よりも公営の鉄道事業社のほうが、やや給与水準は高めとなっているようです。

基本的には勤続年数に従って徐々に昇給していきますが、役職によって差がつく場合もあり、たとえば現業職の場合、駅員よりも車掌が、車掌よりも電車運転士が、より高い収入を得られるようです。

鉄道会社社員のやりがい、楽しさ

幅広い仕事を経験できる

昨今の鉄道会社は、規模の大小に関わらず、鉄道事業を軸としてさまざまな事業を展開しており、商業施設の運営や沿線周辺のマンション開発、介護事業など、ビジネスは多角化する傾向にあります。

鉄道という強力な交通インフラを生かして、街や地域そのものの発展に貢献できる点が、鉄道会社の仕事の大きな魅力といえます。

とくに総合職として入社した場合は、鉄道事業はもちろん、ジャンルをまたいで多様なビジネスに挑戦できる機会があるでしょう。

鉄道会社社員のつらいこと、大変なこと

鉄道事業の社会的責任の大きさ

鉄道は、毎日通勤や通学などに数多くの人が利用する、非常に公共性の高い交通手段です。

このため、ダイヤが乱れたり、車両や踏切が故障したりといったトラブルが発生した際の人々に与える影響は甚大であり、各社員には、迅速かつ正確な対応が求められます。

また、万が一にも事故を起こせないため、その業務には常に大きな精神的プレッシャーがかかります。

担うべき社会的責任の大きさは仕事のやりがいでもありますが、同時に厳しさでもあるといえるでしょう。

鉄道会社社員に向いている人・適性

きっちりと仕事をこなせる真面目な人

社会インフラの一つである鉄道事業において、最も重視しなければならないのは安全です。

このため、鉄道会社社員には、どんな業務も一切手を抜くことなく、決められた手順通りに、かつ時間通りにきっちりこなせる、勤勉で真面目な性格の人が向いているでしょう。

日常生活において、忘れ物がないよう事前に準備したり、スケジュール確認を怠らないなど、常に用意周到に行動できる人は、鉄道会社社員の適性があるといえるかもしれません。

鉄道会社社員志望動機・目指すきっかけ

志望動機は入念に練るべき

鉄道会社を志望する直接のきっかけは、電車が好きだったり、運転士に対する憧れがあったりするケースが多いかもしれません。

しかし、鉄道会社は公共交通機関としての重要な社会的役割を担っているため、そういった個人の趣味嗜好だけでは十分な志望動機とはいえません。

就職試験においては、鉄道会社で働くことの重みを理解していること、鉄道会社において自身がどんな業務に携わり、どんな形で社会に貢献したいかなどを、具体的に面接官に伝えることが必要です。

鉄道会社社員の雇用形態・働き方

現業職はシフト制で働く

駅員や車掌などの現業職は、始発から終電までの電車の運行時間に合わせて、早朝勤務や夜勤、当直などをこなす必要があるため、働き方は基本的にシフト制となります。

企業によって差がありますが、当直業務後は「明け」となって業務終了後ほぼ丸一日休みとなり、次の日に日勤をこなした後、翌日が休日となる「四交代制」が多いようです。

トラブルが発生しない限り残業はありませんので、プライベートなスケジュールを組みやすいといえますが、体力的にはハードとなりがちです。

鉄道会社社員の勤務時間・休日・生活

職種によって勤務体系には差がある

鉄道会社の勤務時間は、総合職や一般職の場合は、他のオフィスワーカーと同様、おおむね9:00~18:00くらいである一方、現業職の場合はシフト制となり、日によって勤務時間が異なります。

休日についても、総合職や一般職は基本的に土日を休みとする週休二日制となりますが、現業職は交代で休みを取得するため、必ずしも土日が休みになるとは限りません。

また、電車は365日休みなく運行しますので、お盆や年末年始などの連休期間も、まとまって休むことは困難でしょう。

鉄道会社社員の求人・就職状況・需要

需要の大半は現場で働く職種

鉄道会社の多くは毎年新卒採用を行っており、JRなどの大手企業は毎年数百人、あるいは1000人以上の大量採用を実施するケースもあります。

しかし、採用人数の大半は駅などで働く現業職や技術職であり、本社勤務となる総合職の採用人数は最大手でも100人程度です。

鉄道会社の総合職は学生からの人気が非常に高く、一流国立大学や難関私立大学の学生がこぞって就職を希望するため、内定を得るには厳しい競争を勝ち抜かなくてはならないでしょう。


(参考:https://www.jreast.co.jp/recruit/student/recruit/overview/potential.html)
(参考:https://www.jreast.co.jp/recruit/student/recruit/overview/professional.html)

鉄道会社社員の転職状況・未経験採用

中途採用にはさまざまなパターンがある

鉄道会社では、不定期ながら第二新卒・社会人採用を実施しているところも珍しくありません。

基本的に退職などによる欠員に応じて募集が行われるため、新卒時とは異なり、中途採用では職種や勤務エリアが指定されることが多いようです。

また、事務職や駅員、客室乗務員などについては、正社員でなく契約社員やパート・アルバイトとして募集されることもあります。

数年間の勤務実績を積めば、正社員登用試験の受験資格が得られるケースもありますので、幅広い人に鉄道会社社員となれるチャンスがあるでしょう。


(参考:https://www.westjr.co.jp/company/recruit/keiyaku/)
(参考:https://www.westjr.co.jp/company/recruit/keiyaku/kyoto.html)

鉄道会社社員の現状と将来性・今後の見通し

鉄道会社の事業は今後も多様化していく

都市部では各鉄道の相互乗り入れも年々進み、ますます利便性が高まっている一方、地方のローカル線などでは赤字経営に苦しむところも出てきており、廃線を余儀なくされるケースが増えています。

人口減少によって業界自体が徐々に縮小していくなか、各社は従来の鉄道事業だけではなく、商業施設運営や不動産開発などの関連事業を多数手がけ、新たなビジネスの可能性を探っています。

今後についても、鉄道会社社員の携わる仕事はより幅広くなっていく見通しです。