航空会社社員の勤務時間・休日・残業は多い?

航空会社社員の勤務時間

航空会社社員の勤務時間は、配属部門や職種によって異なります。

本社でデスクワークを中心に行う現業サポート業務や企画業務などに携わる場合には、原則として1日8時間労働、一般的な会社員と同様に平日の9:00~18:00くらいの時間帯で働くのが一般的です。

一方、空港や航空機で働く部門では、シフト制の勤務が基本です。

たとえば、キャビンアテンダントは土日祝日を含めたシフト勤務となり、早朝や夜遅くのフライトを担当することもあれば、国際線のフライトでは現地で宿泊を伴う勤務になることもあります。

パイロットも同様に、国内線・国際線それぞれの担当するフライトによって、勤務時間や休日が月単位で変動します。

また、大きな空港は24時間開いていることから、地上職であるグランドスタッフの勤務時間も、24時間を交代で働く形が中心です。

航空会社社員の休日

航空会社の休日も勤務時間と同様、配属部門や職種によって異なります。

客室乗務員やパイロット、グランドスタッフなどシフト制で働く場合には、必ずしも土日に休めるわけではありません。

週に2日の休みがあっても、休日が飛び飛びとなることはよくあります。

一方、総合職や事務職の場合には、基本的に土・日曜日が休みの完全週休2日制です。

休暇制度としては、各職種とも年次有給休暇のほか、会社が定める慶弔特別休暇、産前・育児休暇、介護休暇などがあります。

航空会社社員の残業時間

航空会社の残業時間は特別に多いわけではないものの、状況によっては発生します。

携わる業務によって繁忙期も異なりますが、デスクワークの場合、年度末や半期などのタイミングで業務量が増え、残業時間が多くなることがあります。

空港勤務の場合には、シフトを組んでいるため、基本的には決められた時間内で働きます。

しかし、お客さまを相手にする仕事だからこそ、急なトラブルやアクシデントが発生すれば勤務時間を過ぎたとしても対処しなくてはなりません。

天候などによる遅延や欠航といったイレギュラーな事態が発生した場合も、残業になることがあります。

航空会社社員は忙しい? 激務?

航空会社では勤務時間中、非常に忙しく働いている社員が大多数です。

地上では、決められた時刻通りに確実に航空機を飛ばさなくてはならないため、1分もムダにできない厳しい時間意識をもって行動しなくてはなりません。

航空機内でも、お客さまが急な体調不良になったり、お客さま同士のトラブルが発生したりと、日常的にさまざまな出来事が起こります。

それらに迅速に対応し、機内やお客さまの安全と快適さを守らなくてはならないため、プレッシャーは常に感じます。

機体の整備に携わる社員や、空港の安全を守るスタッフなども、自分の仕事がお客さまの安全や命に関わってくるため、責任重大です。

時間に追われ続けるからこそ、本当に仕事が好きになれないと、なかなかハードワークを続けるのは厳しいでしょう。