ディスパッチャーへの転職・未経験からなるには?

ディスパッチャーへの転職状況は?

近年は、LCC(ローコストキャリア)の航空会社が増えており、その分だけディスパッチャーの需要も高まっています。

ディスパッチャーは表舞台に立つ仕事ではありませんが、「地上のパイロット」といわれるほど重要な役割を担っており、航空機が飛ぶ限り必要とされる存在です。

適性も求められるなどなるためのハードルは高めですが、運良く運行管理業務を担当することができれば、努力次第でキャリアアップが望めます。

ディスパッチャーへの転職の志望動機で多いものは?

転職の志望動機で多いものは、もともと航空業界に興味があり、一旦社会人となってからも、その夢をあきらめきれないというものです。

かつては、航空関係の仕事といえば、パイロットや客室乗務員(CA)が人気でしたが、最近ではディスパッチャーという仕事がメディアに取り上げられることも増え、身近なものになってきました。

また社会人として気象や航空工学などに関する仕事をしているうちに、ディスパッチャーの仕事に興味をもったという人もいます。

ディスパッチャーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からディスパッチャーになるには

ディスパッチャーとして働くためには、航空会社等で一定期間の運航管理業務経験を積んだのち、国家資格である「運航管理者技能検定」を受験し、資格を取得する必要があります。

つまり、未経験者がいきなりディスパッチャーと名乗って働くことは不可能であり、まったく別の業界から転職することも比較的難しい職業だといえます。

実際、ディスパッチャーの中途採用を行っている航空会社はありますが、その場合、

・運航管理者資格を有していること
・飛行計画作成など、航空機運航管理実務経験があること

応募条件としていることが多いです。

ただし、なかには未経験であっても、入社後に自社の教育プログラムを受けてディスパッチャーを目指していける企業もあるため、さまざまな航空会社の情報を調べてみるとよいでしょう。

ディスパッチャーへの転職に必要な資格・有利な資格

ディスパッチャーの仕事に必要な「運航管理者技能検定」は、入社後仕事を経験してから取得するものです。

業務に携わっていくうえでは、専門的な訓練を受ける必要がありますが、転職の際に特別な資格が必要というわけではありません。

それよりも求められるのは語学力です。

外資系企業では、新卒採用ではなく中途採用を中心に人材を確保していることも多いのが特徴です。

ディスパッチャー志望者は運航管理業務経験に加えて、ある程度の英語力(英検2級以上、TOEIC600点~800点以上など)が求められることが一般的です。

ディスパッチャーのみならず、航空業界を目指すのであれば語学力は身に付けておいた方がよいでしょう。

ディスパッチャーの資格試験の難易度・合格率

ディスパッチャーへの転職に役立つ職務経験は?

ディスパッチャーは専門的で特殊な業務であるため、職務経験が直接生かされることはあまりないかもしれません。

ただし、ディスパッチャーはパイロットや航空管制官などとチームで仕事をすることになるため、チームで何かに取り組んだ経験や、リーダーシップがあれば生かすことができるでしょう。

ディスパッチャーへの転職面接で気をつけるべきことは?

航空会社の面接は、その人の適性を判断するものです。

ディスパッチャーの仕事への理解を深め、ディスパッチャーを目指す具体的な理由や仕事の魅力を、自信をもって話せるように準備をしておくことが大事です。

ディスパッチャーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

航空業界に転職を考える場合、20代のうちに準備をしておかなくてはならないでしょう。

専門性の高い仕事で、教育をする期間も長いことから、パイロットの場合は年齢が25歳未満と決められていますし、航空管制官の場合も30歳までと決められています。

同じように活躍するディスパッチャーを目指す際も、この程度の年齢が目安になるといえるでしょう。

未経験からディスパッチャーを目指すのであれば、少しでも早いうちに決断するのが賢明です。