運転手の需要、現状と将来性

運転手の現状

運転手の仕事といえば、過酷な労働環境の割に給料も安く、つらい仕事といったイメージを持つ人もいるかもしれません。

たしかに待遇面の改善を図っていない会社もあるようですが、近年は法改正などによって、運転手の労働環境が整ってきはじめています。

とくに近年は、高速バスの運転中、運転手の居眠りが原因で起こった死亡事故も発生しており、バス会社や運転手に対する世間の目はますます厳しくなっています。

バス会社だけではなく、運送会社やタクシー会社も同様に、自社の労働環境を見直さざるを得ない状況になっています。

このような状況の中、透明性の高い経営と待遇面の充実ぶりをアピールして、若手を積極的に採用しようとする会社も増えています。

少しずつですが、運転手が働きやすい環境ができつつある時代に入っていると言えます。

運転手の需要

旅客、物流の担い手として、運転手は欠かすことができませんが、年々運転手の高齢化が進むにつれ、人員不足が叫ばれています。

とくにバス運転手は慢性的な人手不足がさけばれており、バスの運転手がいないために、路線を減少したり減便したりするという事態も起きています。

また、近年はインターネットサイトを利用して買い物をする人が増えたため、物流のトラックによりトラック運転手の需要が急激に伸びています。

バスやトラックなどは特殊な運転免許を取得していなければ運転できないため、運転手の養成も急務となっています。

運転手の将来性

かつては運転手はあまりキャリアアップできず、給料アップも期待できないといわれていました。

しかし現在では、こうした現状にメスを入れようとしているところも増えてきています。

トラック運転手の場合は、中型免許からフォークリフト免許や危険物取扱免許などの特殊免許・資格を取得することにより、給料がアップしていきます。

とくに大型トラックが運転できる場合は、転職の際にも非常に有利となります。

また各業界とも、最近では女性の運転手の活躍ぶりが目立つようになっています。

女性が業界に参入することで、より働きやすい環境が整っていくことでしょう。

運転手の今後の活躍の場

運転手は日本の物流を支える重要な存在で、この先も欠かすことのできない職業です。

国の支援もさらに進んでいくことと予想されますが、もし運転手を目指すのであれば、各社の給料や休暇制度、福利厚生などに関して時間をかけて調べておくべきでしょう。

経営方針が明確に示されているかも、会社選びの重要なポイントです。

「給料が低い」「仕事がきつい」といったイメージで、運転手を目指すことを躊躇してしまう人もいるかもしれません。

しかし、全てがそういうわけではありません。

安定した環境で、しっかりと休日をとりながらやりがいを持って働いている人もたくさんいますし、歩合制の要素が強いタクシー業界では、実力をつけて一般のサラリーマンより多くの年収を得ている人もいます。

一部のネガティブな情報だけで判断せず、しっかりと情報を見極めて、安心して働ける会社を選ぶようにしましょう。