車掌への転職・中途採用はある?

車掌への転職状況は?

鉄道業界は転職者がわりと多く、各鉄道会社では現業職の中途採用が実施されることがあります。

現業職の中途採用は、新卒と同様に駅員からのスタートが普通です。

しかし、すでに他社で車掌経験のある人が車掌になりたいと思った場合は、経験やスキルによってそのまま車掌になれることもあります。

ただし、電車の運行システムや車両の仕組みなどは各社ごとに大きく異なるため、入社後は一定の研修を受けてから働きます。

車掌への転職の志望動機で多いものは?

車掌への転職で多いものは、一度は鉄道会社への就職をあきらめたけれど「やはり鉄道会社で働きたい」「自分の夢を追い続けたい」と電車に関わる仕事をしたい夢を持ち続けている人が大半です。

そのため、社会人として働きながら鉄道会社へ転職することを目標としている人も多くいるようです。

車掌の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から車掌になるには

他業界で働いているなど、鉄道業界が未経験者でも転職して鉄道現業職を目指すことは可能です。

未経験者が採用されるとまず駅員業務に就き、駅を利用するお客さまの案内業務や改札業務などを行います。

その後しばらくは駅員としての勤務が続きますが、将来的には新卒者と同様に、車掌や運転士も目指すことが可能です。

中途採用の場合、人員が不足した場合に不定期で実施されることが多くなっており、応募要項は各社の採用ホームページに掲載されるため、転職を希望する際は採用情報を定期的にチェックしておくとよいでしょう。

正社員での採用が一般的ですが、契約社員スタートの場合もあります。

また、正社員でも入社後数カ月間は試雇社員という場合もあります。

契約社員の場合は正社員よりも給料や待遇は下がるケースが多いものの、勤務態度や適性が認められれば正社員になれる可能性も充分あります。

車掌への転職に役立つ職務経験は?

車掌は多くの人と接する仕事のため、前職で接客業を経験するなど老若男女問わず接客ができる人は、転職の際もアピールすることができるでしょう。

また、観光業などに従事していて地理や駅に関する知識があったり、切符やチケットに関する知識があったりすれば実務をする上では非常に役に立ちます。

さらに、英語など語学が堪能な人はアナウンスや案内などをする上でも大きなアピール要素になり、今後さらに増えると考えられる外国人観光客などへの対応などでも活躍できると考えられます。

車掌に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

車掌の場合は、長期勤続によるキャリア形成を図る理由から年齢制限が設けられている場合が多く、その場合はだいたい「30歳程度」が一定のラインとなっているようです。

年齢制限がない鉄道会社もあるため、努力次第ではそれ以上の年齢だったとしても車掌を目指せるでしょう。

ただし、新卒・転職に限らず業務の性質上、通報装置音や列車の接近音の認識、信号の選別などをする必要があり、一定の視力・聴力が求められます。