航海士の求人・採用の状況

航海士を志すにあたって、募集状況が気になったり、志望動機について悩んだりする人も多いでしょう。

本記事では、航海士の求人・採用の状況を説明します。

航海士の就職先にはどんなところがある?

航海士の活躍の場としては、船舶に関わるさまざまな企業が挙げられますが、メインは船舶会社や商船会社です。

航海士の就職先
  • 一般貨物船
  • 客船
  • タンカー船
  • コンテナ船
  • 木材運搬船
  • 自動車専門船
  • 冷蔵運搬船
  • 乗客を運ぶクルーズ客船
  • フェリー

特殊なものでは調査研究船や練習船、漁船などもあります。

また、海上保安庁や海上自衛隊で勤務することも可能です。

航海士の勤務先の種類・活躍の場

航海士の求人の状況

求人数は安定

航海士は経済状況にさほど影響を受けないため、求人数も例年安定しているといえます。

航海士に必要な海技免状は国家資格であり、この資格がなければ行うことができない業務があることから今後も採用状況は良好でしょう。

海に囲まれた島国である日本にとって、輸入・輸出は経済基盤を支える重要な業務であり、不況時においてもその位置づけが揺らぐことはまずありません。

近年のコスト削減のあおりを受け、外航を主に行う会社は外国人の航海士を採用したがる傾向にあります。

しかし、航海士の仕事が安定して給与が高く、福利厚生も手厚いという点は変わりありません。

航海士としてキャリアを積む

航海士には1~6段階の級が存在し取得している級数によって与えられる裁量と業務内容が異なります。

航海士として職を得る人には、資格を取得してから就職活動をする人と、船員として働きながら受験勉強し、合格して改めて航海士として再雇用される人がいます。

航海士の1級は取得するのが大変難しく、その年によって口述試験の難易度が大きく変わることが知られています。

しかし、一級航海士なしには出航することすらできない航海があるため、船舶運営側からするとぜひとも確保したい人材です。

航海士の仕事の性質上、独立起業するケースは現実的ではありませんが、その代わり転職には極めて強く、級数の高い航海士は引く手あまたです。

船上で培ったスキルとキャリアを上手く生かせれば海技試験官、検査官など特殊な職に就くことも十分に可能です。

航海士の就職先の選び方

航海士は、勤める船舶会社や商船会社によって勤務内容が大きく異なります。

大きく分けると、国内のみの航海となる内航勤務と、海外で活躍する外航勤務があります。

また企業によって扱う船の種類も多彩であるため、自分がどんな船に乗りどのような仕事をしたいのかをしっかりと考えた上で就職先を決める必要があります。

航海士の志望動機・面接

航海士を志望する人は、もともと海や自然に興味があったり、自然を相手に働きたい、人とは違った働き方をしたいと思っていたりする人が多いようです。

また航海士は取得すれば一生使える国家資格であり、経験に応じた級を取得することでステップアップできる点に魅力を感じる人が多いようです。

就職先はどのように探したらいい?

航海士になるための学校に進学した場合は、学校に多くの求人が寄せられるため、その中から選ぶことが多いようです。

航海士をはじめとした船員の求人情報は一般のハローワークにはなく、海のハローワークである運輸局で求人を探す必要があります。

航海士の求人・採用の状況のまとめ

航海士の活躍の場としては、船舶に関わるさまざまな企業が挙げられますが、メインは船舶会社や商船会社です。

航海士は経済状況にさほど影響を受けないため、求人数も例年安定しているといえます。

近年のコスト削減のあおりを受け、外航を主に行う会社は外国人の航海士を採用したがる傾向にあります。

しかし、航海士の仕事が安定して給与が高く、福利厚生も手厚いという点は変わりありません。

仕事の性質上、独立起業するケースは現実的ではありませんが、その代わり転職には極めて強く、級数の高い航海士は引く手あまたです。

航海士になるための学校に進学した場合は、学校に多くの求人が寄せられますし、その他の船員の求人情報は海のハローワークである運輸局で見つけることができます。