車掌のつらいこと・大変なこと・苦労

車掌のつらいこと・大変なこと

安心・安全な運行のために

電車は毎日きちんと走っていて当たり前のように思えますが、それは駅員や車掌、運転士たちの頑張りがあるからこそのものです。

毎日当たり前に走っている電車ですが、数百もの車両を事故なくダイヤ通り走らせるのは、大変なことなのです。

1つ事故が起きれば定時運行ができなくなるだけでなく、利用している多くの人に影響が及んでしまいます。

車掌にとっては「何もなく無事に一日を終えること」が何よりも大切な任務です。

当たり前のことを当たり前にやるのはとても大変な仕事ですが、どれだけしっかり働いていても「それが当然」と思われ評価されないことは、車掌にとってつらいことです。

また、基本的には同じ仕事をひたすら繰り返す仕事のため、毎日違ったことがしたい、どんどん仕事を覚えて新しいことをしたいという人には向いていないでしょう。

車内放送の難しさ

多くの新人車掌が突き当たる壁は、車内放送です。

「上手くできて当たり前」と思われがちですが、慣れないうちはマイクに向かって声を出すだけでも精いっぱいということも多いようです。

言い間違えたり、言葉に詰まってしまったりすれば、乗客はすぐさま反応します。

スムーズな放送ができるまでには時間がかかりますが、何度も練習をしたり現場で実践を重ねたりすることで、上達していきます。

なお、行き先や停車駅の案内だけでなく、事故やトラブルなどで電車が停まってしまった際の状況説明の放送も重要な仕事です。

このような場合は、乗客もイライラしていることが多いため、お詫びの気持ちを込めるなど、声のトーンにはいっそう気をつける必要があり神経を使うところです。

車掌の悩み

車掌は、運転手と同じくシフト勤務のため、毎日同じ時間に家に帰ることができない不規則な勤務となります。

泊まり勤務の時の拘束時間は、長ければ20時間から24時間にも及び、時間的拘束が長いことも大変なところです。

雨や風の日は、駅に着く際に身体を乗り出して確認するためびしょびしょにぬれてしまうことも少なくありません。

不規則な勤務のなか、安心・安全な運行のため気を張り詰めて仕事をしていかなければならず、さらに立ち仕事なだけに体力も求められます。

日ごろから健康状態に気を配り、体力の維持に努めている人も多いようですが、どうしても体力的な悩みを持つ人も多いようです。

車掌を辞める理由で多いものは?

車掌を辞める理由として多いものは、不規則な勤務や待遇など環境によるものが多いようです。

特に、鉄道会社に就職した場合電車好きな人が多く、知識を持っていなかったり熱意がついていけなかったりと、周囲の環境に馴染めないという人は多いようです。

また、車掌になるためには駅員を経なければならないため、車掌より駅員の仕事に魅力を感じ駅員に戻ったという人、車掌を経てさらに上の運転士を目指すようになった人など、同じ道を志し車掌になっても、ほかの仕事をしたいと感じ車掌以外の仕事に就く人も少なくありません。