車掌のやりがい・楽しさ・魅力

車掌のやりがい・楽しさ

お客さまの役に立っていると感じられる

車掌が何よりやりがいを感じられるのは、お客さまの役に立っていると感じられる瞬間です。

困っている人を助けた時など、お客様から「ありがとう」と声をかけてもらえたときは、仕事の疲れや苦労も吹き飛ぶほど大きなやりがいを感じられます。

トラブルを乗り越えるやりがい

車掌は、お客さまからの問い合わせに答えることも大切な仕事です。

簡単な乗り継ぎの案内や駅構内の案内であればよいのですが、なかには業務中、すぐに解決できないトラブルに直面することもあります。

しかし冷静に臨機応変に対応することで、お客さまに納得いただける対応をしなくてはなりません。

急なトラブルを乗り越えた瞬間は、「この仕事をやっていて良かった!」と思えるでしょう。

車内放送のやりがい

車掌の車内放送は慣れるまで緊張する業務ですが、上手くいったときは大きな達成感を味わえるという人も多いです。

同じ内容を伝えるのでも、声のトーンや口調、テンポなどで受け取る側の印象はずいぶんと異なるものです。

「車掌さんのアナウンスがうまい」と言われたりすると、とてもうれしい気分になるようです。

重い責任がやりがいに

人の命を預かる車掌は、とても重い責任のある仕事で、何事もなく無事に1日の業務を終えられた後は大きな達成感を味わえます。

毎日大きなプレッシャーがある分、やり遂げた後の感動もひとしおです。

責任感のある人、使命感を持って働きたいという人にとっては、大きなやりがいを感じられる仕事でしょう。

車掌の仕事内容

車掌の魅力

多くの人と接する仕事

車掌は、毎日老若男女たくさんの人と接する仕事です。

都会の大きな駅であれば、一日に何百人、何千人ものお客さまとすれ違うこともあり、これだけ多様な多くの人と接する仕事は、他にそうありません。

案内業務や安全確認などで、直接お客さまと接する機会は運転士よりも多くなります。

お客さまのバックグラウンドはさまざまであるため、実際の業務では大変だと感じることもたくさんあり、厳しい言葉をかけられるなど嫌な思いをしたり、嫌な客に絡まれたりすることもあります。

しかし、そんなひとつひとつの経験が、車掌として仕事をする上でのステップアップとなります。

何より、人とコミュニケーションをとることにやりがいや喜びを見出せる人にとっては、まさに「天職」ともいえるでしょう。

キャリアアップに挑戦できる仕事

車掌になるには、まず駅員の仕事を経験するのが一般的ですが、経験と勉強を重ねることでのキャリアパスが見えやすいのも、車掌の仕事の魅力です。

たとえば同じ車掌であっても、特急や新幹線などさまざまな種類の列車に乗務できるようになったり、スキルが身につけば指導役になったりこともできます。

車掌としてずっとキャリアを磨き続けるのもひとつの選択肢ですが、車掌を経て運転士を目指すこともできるため、常に高い目標を持ち続けながら働くことで、着実に成長していけるでしょう。