パイロットの仕事内容

パイロットの仕事とは

パイロットは、航空機を操縦するプロフェッショナルです。

航空機に関する知識と高い技能を持ち合わせ、離陸から着陸まで安全に航行できるよう航路を定めます。

この職業に就くためには「事業用操縦士」や「定期運送用操縦士」のライセンスが必要で、非常に専門性の高い職業として知られています。

ライセンスを取得できる航空大学校の卒業生はパイロットへの就職率が非常に高いものの、入試はかなりの難関です。

主な勤務先は、航空会社や官公庁、航空機を保有している新聞社やテレビ局などで、航空会社のパイロットになるためには航空会社の自社養成パイロット採用試験に合格することが必要です。

高収入の仕事であることは間違いありませんが、機長になるまでには長い時間がかかります。

パイロットの業務の内容

フライト以外のさまざまな仕事

パイロットの仕事といえばフライトというイメージを抱く人が多いかもしれませんが、航空会社で働くエアラインパイロットの役割は、旅客機を操縦して目的地まで安全に「人」と「貨物」を運ぶことです。

一度のフライトを無事に終えるためには、パイロットもただコックピットに座って操縦するだけでなく、関連するさまざまな業務をこなしています。

ここでは、パイロットの仕事内容について詳しくご紹介します。

離陸までのさまざまな準備

パイロットの仕事は、航空機に搭乗する前から始まります。

まずは、出発前に運行管理者や一緒に乗務するキャビンアテンダントなどとミーティングを行い、気象データや空港の状態などの確認をします。

航空機の整備状況や飛行高度、燃料についても同様に確認を行います。

そしてコックピットに入ってからも燃料の確認、機器への飛行データ入力、計器類の確認やエンジンスタートの準備を機長と副操縦士の二人で分担して行います。

離陸などの指示を出す航空管制官との無線通信、そして客室内の準備をするキャビンアテンダントと連絡を取り合って、全てがOKであればようやく離陸となります。

万が一、離陸前の確認作業の中で不安な要素があれば、関係各所と連絡を取りながら対応を協議します。

機長と副操縦士でフライト

大型の旅客機には機長と副操縦士の2名が乗り込みますが、機長は実際に操縦をし、副操縦士は管制官との通信や機長の補佐をしています。

飛行機は好き勝手に飛んでいるわけではなく、事故を防ぐために必ず綿密な計画の元にフライトを行っています。

フライトは自動操縦をすることもできますが、だからといって気を緩めることはできません。

気象の変化など事前に予測できないことも発生するため、管制官と連絡を取りながら、安全に航行できるよう航路を定めます。

大きな気流の乱れや落雷の危険性があれば避けなければいけないので、管制官と連絡をとって進路変更を行うこともあります。

また、飛行中もエンジンや機器トラブルが発生していないか、燃料が不足していないかなど計器類やレーダーをチェックし、さまざまなことに気を配っています。

パイロットの役割

パイロットの業務内容はさまざまですが、そのすべての作業が「安全で快適な飛行を守る」という使命につながっています。

離陸前は気象データや空港の状態に関する確認を重ね、フライト中はたとえ自動操縦機能があっても、常にパイロットの目で確認・判断し、いつでも無事にフライトを終えられるようにします。

また、着陸後は、飛行日誌を記入し、フライトの振り返りを行い、整備担当者に機体の状態を連絡してから業務の終了となります。

このような日々の積み重ねの上に、安全で快適な飛行が実現しているのです。

現代社会において大きな航空事故がほとんど発生しないのは、パイロットがその役割を果たしているおかげといっても過言ではありません。

パイロットの勤務先の種類

パイロットの勤務先として多くの人がまずイメージするのは航空会社ではないでしょうか。

日本にはさまざまな航空会社があり、このような航空会社で働くパイロットのことは「エアラインパイロット」と呼ばれています。

国内の有名な企業としてはJALとANAがありますが、この二社以外にも子会社や海外の企業やLCC(いわゆる格安航空会社)など、多くの企業があります。

これ以外のパイロットの勤務先としては、警察や消防、海上保安庁、自衛隊(航空・陸上)などの官公庁もあります。

この他にも、遊覧飛行、チャーター飛行、物資輸送、測量飛行、報道取材、農薬散布などのために、軽飛行機やヘリコプターなどの小型機を運航している民間の使用事業会社でパイロットとして働く道もあります。

いずれの仕事もパイロットのライセンスが必要ですが、どのライセンスを所持しているかによってできる仕事の範囲や活躍の場が変わってきます。

パイロットの勤務先・活躍の場

パイロットの仕事の流れ

パイロットの仕事の流れとしては、まず離陸前のさまざまな確認をすることから始まります。

出発前に必ずスタッフとミーティングを行い、気象データや空港の状態、航空機の整備状況や飛行高度、燃料について確認をするのです。

大型の旅客機の場合、フライトは機長と副操縦士の二名で協力して行います。

管制官と連絡を取りながら、落雷や気流の乱れなどの条件を踏まえて安全な航路を定めることも重要な業務です。

さらに着陸後も飛行日誌を記入したり整備担当者に機体の状態を連絡したりする必要があります。

パイロットの仕事は、離陸前から着陸後まで、常に気を抜くことができないのです。

国際線では1日1便、国内線では1日数便のフライトをするなかで、このような一連の業務を行っています。

パイロットと関連した職業

パイロットはライセンスを必要とする仕事です。

ライセンスにはいくつかの種類があり、どのライセンスを所持しているかによってできる仕事の範囲や活躍の場も変わってきます。

たとえば、旅客機を操縦するエアラインパイロットの機長になるためには「定期運送用操縦士」のライセンスが必要になります。

大型ヘリコプターの機長も同様にこの資格が必要なので、旅客機ではなくヘリコプターの操縦を目指す人もこのライセンスを取得するのための努力が必要です。

また、警察や消防、海上保安庁、自衛隊(航空・陸上)といった官公庁で働くパイロットや、物資輸送や農薬散布などを行う、民間の使用事業会社のパイロットの場合は「事業用操縦士」の資格が必要になります。

ちなみにパイロットと関連した職業として、病人や怪我人を空路で病院まで送り届ける「ドクターヘリ」のパイロットやヘリコプターを操縦する「ヘリコプターパイロット」がありますが、いずれもパイロットのライセンスが必要になります。