このサイトはディスパッチャーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ディスパッチャー」

仕事内容
ディスパッチャーは、気象情報や機体の整備状態、乗客や搭載貨物の重量などあらゆる情報をまとめ、航空機が安全に目的地へたどり着けるための「フライトプラン」を作る仕事です。日本語では「運航管理者」ともいいます。フライト前には機長とブリーフィング(打ち合わせ)を行い、フライト中は無線によって飛行ルート上の気象状況や機体の揺れの予測などを随時機長に伝え、航空機が安全に目的地までたどり着けるように監視・サポートしています。
なるには
ディスパッチャーになるには、航空会社の運航管理部門、あるいは運航管理業務を専門に行う航空会社の関連会社に就職する必要があります。入社後、運航管理業務を経験して「運航管理者技能検定」を取得することで、ディスパッチャーとして働けるようになります。ただし、大手航空会社では「総合職」という形で多様な部署に配属される可能性があるため、適性が認められない場合や会社の事情によっては、運航管理業務以外の仕事に就くこともあります。
給料
ディスパッチャーとして正社員で働く場合の平均年収は、300万〜500万円がボリュームゾーンといわれます。契約社員の場合は時給制となっており、1,000円〜1,100円程度からスタートすることが多いようですが、基本的に経験や勤続年数によって給料はアップしていきます。夜勤をする場合は別途手当が支給されるほか、「運航管理者技能検定」などの国家資格を得ることで、別途資格手当が支給されることもあります。
将来性
気象や航空法、航空機の仕組みなど、航空に関するあらゆる情報に精通し、「地上のキャプテン」といわれるディスパッチャーは、安全なフライトを実現するために不可欠な存在です。近年は格安航空会社(LCC)の参入や、国際線のフライトが増加傾向にあるため、ディスパッチャーが活躍できる場面も増えています。一人前になるためには現場経験と国家資格が必要となりますが、今後も安定した需要がある職業だといえるでしょう。