女性の電車運転士のキャリアパス・結婚後の生活

女性の電車運転士の現状

昔は電車運転士といえば男性の仕事と思われていましたが、現代では全国の鉄道会社で女性の運転士が誕生しています。

女性だからといって仕事内容に違いがあるわけではなく、男性と同じように活躍することができます。

JRの在来線はもちろん、路面電車や私鉄、新幹線などの運転士にもなることが可能です。

まだ男性のほうがずっと多い職業ではありますが、女性が年々増えていることは事実であり、近年では各社とも女性が定着しやすいように少しずつ体制を整えているようです。

女性の電車運転士の強み・弱み

女性だからといって、仕事をする上で男性と大きな違いはありません。

電車の運行で必須となる「安全・正確・快適」の要素は、女性の運転士であっても男性と同様、常に頭に置いておく必要があります。

また、仕事柄、勤務時間が不規則であったり、休憩時間がまとめて長くとれなかったりすることなどにも対応する必要があります。

毎日多大な集中力を要する仕事であるため、日ごろの健康管理や気力、体力の充実も必須です。

決して楽な仕事ではありませんが、女性でも男性と変わりなく第一線で活躍することができる仕事です。

電車運転士は子育てしながら働ける?

電車の運転士は、基本的に不規則な勤務のため子育てをしながら働くのは難しいと考える人も多いかもしれません。

ただし、女性運転士の中には家族の協力を得ながら運転士の仕事と育児を両立している人も増えてきています。

また、近年では女性運転士が働きやすいように日勤のみのシフトを組んだり、育児が落ち着くまでは日勤の駅業務に配置転換するなど配慮をしてくれたりする鉄道会社も多いようです。

さらに、産休や育休はもちろん、短時間勤務、短日数勤務など子育てをする女性に配慮した制度を設けているところも少なくありません。

女性の運転士が活躍する中、こうした制度を設ける鉄道会社は今後増えてくると予想され、育児をしながら運転士として働き続ける女性もさらに増えてくることでしょう。

今後女性運転士を目指す人たちは、産休や育休を取りながら運転士を続けることで、後輩たちのモデルケースとなり、自ら働きやすい環境づくりをしていくことが求められていくでしょう。

電車運転士は女性が一生働ける仕事?

女性が電車運転士として本格的に働き始めたのはここ数年のことで、男性のように定年まで女性運転士として働き上げた人はほとんどいないのが現状です。

ただし、近年女性の運転士が増えるとともに、電車運転士という職業が女性も働ける職業として定着していことが考えられます。

鉄道会社はより女性の定着を図るために、制度や設備を整え、働きやすい環境を整えていくことになるでしょう。

そうしたなかで、近い将来定年まで運転士として働き続ける女性が出てくることはあきらかです。

また運転士を経て主任運転士や指導役になったり、区長などに昇進したりとキャリアを積む人も増えてくると考えられます。