パイロットのやりがい・楽しさ・魅力

パイロットのやりがい・楽しさ

 

空を飛ぶ感動を味わえる

世の中には陸、海とそれぞれさまざまな交通手段がありますが、その中でも日常生活では見ることのできない雲の上を飛ぶ「飛行機」は、とりわけ私たちをワクワクさせてくれるものではないでしょうか。

現役のパイロットも、美しい空の上の光景を目の当たりにしたときには、毎回大きな興奮を味わえるといいます。

自分で飛行機を操縦して空を飛び回ることができるパイロットという仕事は、他ではなかなか味わえないものだからこそ、とても魅力的なものです。

長い時間学び続けて成長できる

エアラインパイロットになれば、将来的には誰もが「機長」を目指すものです。

しかし、そのためには15年ほどの飛行経験が必要になり、その途中にもさまざまな訓練を行わなければなりません。

パイロットは特殊な専門知識と技術が必要になるため、誰もがゼロの状態から学び、訓練を始めます。

ライセンスの取得も簡単ではありませんが、苦労しながらも少しずつ技術が身についていくことで、乗務できる路線が増えるなど仕事の幅はどんどん広がります。

学び続けることに楽しみを見出せる人であれば、何年経ってもずっとやりがいを感じられるはずです。

大きな緊張感がやりがいに

パイロットの仕事は、毎日が緊張の連続です。

多くの乗客の命を預かっているため、失敗は絶対に許されません。

「頭が痛くて集中できない」「寝不足でボーっとしてしまった」なんていうことは絶対にあってはならず、離着陸時は特にものすごい集中力を要します。

また、もしもトラブルが起こった場合にも、自分が学んだことやこれまでの経験から即座に状況を判断し、適切な行動をとらなければなりません。

「命に関わる」というあまりに大きな緊張感は時に重くのしかかってきますが、その分、毎回安全にフライトが終わるたびに大きな達成感が感じられます。

これほど大きな緊張感と達成感が毎日感じられる仕事はそれほどないかもしれません。

パイロットの仕事内容

パイロットの魅力

世界のいろいろな土地に行ける

パイロットの仕事の魅力は、仕事を通じて世界中のさまざまな土地に行けることです。

長時間のフライト後には現地ステイをすることもあるので、その間に各国の文化に触れたりコミュニケーションを楽しんだりすることもできます。

エアラインパイロットの場合、各航空会社の社員割引を使って安く飛行機に乗ることも可能です。

旅行が好きな人や異国の文化に興味がある人にとっては、仕事と趣味を両立させることができるでしょう。

狭き門を突破して

パイロットという職業に憧れを持つ人は多くいるでしょうが、この仕事は誰もが簡単になれるものではありません。

まず厳しい身体検査や試験に合格し、訓練を何年も重ね、専門的な知識や技術を身につけた人だけが携われる仕事です。

また行動力や判断力、協調性など、しっかりとした人間性であることも要求される大変な仕事です。

パイロットは選ばれし人間だけがなることができる職業であり、だからこそやりがいのある仕事や安定した待遇を手に入れることができます。