車掌の求人・採用の状況

車掌の就職先にはどんなところがある?

車掌になるには、全国の鉄道会社に就職する必要があります。

車掌として勤務する電車は、在来線から新幹線までさまざまで、乗車する電車によって仕事内容やサービスにも差があるため、自分がどの電車の車掌になりたいかをしっかりと考えておかなくてはならないでしょう。

しかし近年では、列車運転の自動化が進み、運転士のみで走る車両が増え、車掌としての仕事は今後減る傾向になり、車掌の採用人数は徐々に減っていくと考えておいた方がよいでしょう。

車掌の求人の状況

車掌になるにはまず鉄道会社への入社を目指す必要がありますが、鉄道会社の求人は決して少なくなく、特にJRや大手私鉄では、ほぼ毎年定期的に採用試験が実施されています。

車内放送や安全確認装置など車両の自動化は進むものの、やはり最終的な安全確認は人の目で行わなければならないため、現段階で急激に採用人数を減らすというところはないようです。

さらに、団塊の世代の社員が続々と定年退職し経験者が不足していることから、各社は若手の育成に注力しています。

駅業務からスタートし、車掌、そして運転士とキャリアアップしていく人が多いですが、それぞれ一人前になるには時間もコストもかかるため、できるだけ早いうちから優秀な人材を育て上げ、会社の使命を背負って動けるように期待されています。

車掌の就職先の選び方

高校からの就職は、鉄道会社から学校に届く求人に応募する「指定校制」のような形が一般的であるため、まずは高校にどのような求人が届いているのかを確認する必要があります。

鉄道学校などに進学しない場合は、それほど多くの求人が来ているわけではないため、車掌志望者が就職先を選ぶということはあまりないでしょう。

ただし、複数の鉄道会社の中から志望先を一つに絞る場合は、鉄道会社の特徴や特色、企業の考え方などをしっかりと勉強し、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

もちろん、担当したい路線や車両を持っている鉄道会社を選ぶのもよいでしょう。

車掌の志望動機・面接

車掌という仕事は、幼い頃から鉄道や駅が大好きで、鉄道に関わる仕事をしたいと考えていた人が多く働いています。

決して楽な仕事ではないため、憧れの気持ちや情熱は、鉄道の仕事を目指すのにとても大切なものですが、車掌の使命は安全かつ正確に電車を運行させることです。

利用してくれるお客さまをきちんと目的地に運ぶという、強い責任感や使命感が何よりも求められるため、鉄道が好きであることだけでなく、世の中の人の役に立ちたいという気持ちを持ち、しっかりとアピールすることが大切です。

車掌の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

車掌や運転士を目指す現業職は、そのほとんどが高卒者で占められています。

高校からの就職は、鉄道会社から学校に届く求人に応募する「指定校制」のような形が一般的であるため、自分の在籍する高校にどれだけの求人が届くかどうかが、まず大きなポイントになってくるといえるでしょう。

専門学校に関しても、高校と同様に学校へ求人が寄せられるケースが中心です。

大学生の場合は、自ら鉄道会社の求人にエントリーして、採用試験を受験するやり方が中心です。

大卒者の現業職採用も年々増えつつありますが、まだ会社によっては幹部候補や事務を行う「総合職・一般職」のみの採用を続けているところもあります。

中途採用、社会人採用を行う鉄道会社も増えていますが、定期的に採用をするケースはあまり多くなく、人員が不足したら募集をかけるというのが多くなっています。