パイロットへの転職・未経験採用はある?

  
パイロットは、未経験者が簡単に転職できる職業ではありません。

JALやANAのような大手航空会社の場合、新卒の学生を採用しているので、転職希望者がチャレンジするのは難しいのが現状です。

ですが、自力でライセンスを取得するという方法であれば、率先力として転職でこの業界に飛び込むことは可能です。

この記事では、パイロットへの転職・未経験採用について解説します。

パイロットへの転職状況は?

 
人の命を預かるパイロットは非常に専門性の高い職業なので、未経験者が簡単に転職してチャレンジできるような職業ではありません。

しかし、この職業に強い憧れを抱いている人は非常に多いですし、専門性の高さや待遇のよさから一生続けていける仕事だと考えて思い切って転職を希望する人もいるようです。

JALやANAのような大手航空会社の場合は新卒の学生を採用して自社でパイロットを養成しているので、転職希望者がチャレンジするのは難しいでしょう。

しかし、航空大学校や私立大学、あるいは米国などで自力でライセンスを取得するという方法であれば、即戦力として転職でこの業界に飛び込むことは可能です。

実際にこのようなルートをたどってパイロットに転職している人もたくさんいます。

パイロットへの転職の志望動機で多いものは?

パイロットへの転職の志望動機で多いものは、「昔からパイロットの仕事に強い憧れを抱いていて、一度は別の業界で就職をしてみたものの夢を諦められなかった」というものでしょう。

パイロットは人気職業であり航空会社や航空大学校の試験も非常に高い倍率になることで知られています。

現役の学生の頃に受験して不合格になった人が別の仕事に就くことは決して珍しくないのです。

このような人たちが「やっぱりもう一度チャレンジしてみたい」と一念発起して転職を目指すことがあります。

また、空港職員のように航空業界の仕事に就いている人やドライバーなど運転に関連する仕事に就いている人が「飛行機を操縦してみたい」と夢を抱くようになり、志望動機につなげていくこともあるようです。

パイロットの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からパイロットになるには

未経験者や社会人がパイロットになるのであれば、ライセンスを取得できる学校に入学するのが最も確実なルートといえるでしょう。

転職を考える場合、まず重要なのは年齢です。

パイロットの養成機関である航空大学校は入学の際に「年齢25歳未満」という条件があるので、他の業界で仕事をしたあとに退職して航空大学校に入学するのであれば、少しでも早いうちに決断するのが賢明です。

さらに、身体的な基準を満たしているかどうかも重要なポイントになります。

パイロットは健康な身体であることが絶対条件であり、航空機を操縦するために必要な身長や視力なども細かく定められています。

どんなに熱意があってもこの基準から外れている時点でパイロットにはなれないので、転職を考えるのと同時に自分が基準を満たしているかどうかを必ずチェックしましょう。

パイロットへの転職に必要な資格・有利な資格

パイロットとして航空業務を行う場合は、国土交通大臣の技能証明を受けて指定の資格を取得しなければなりません。

代表的なパイロットの資格としては

  • 事業用操縦士
  • 自家用操縦士
  • 定期運送用操縦士

の3つがあり、それぞれ操縦できる範囲などが定められています。

航空会社に採用された新卒の学生の場合は、入社後にこのライセンスを取得するための訓練を受けられます。

転職希望者の場合は、国内の学校や海外で数年かけて自力で取得する必要があります。

費用も数百万円はかかるので、計画的に転職活動を進めましょう。

また、パイロットのライセンス以外で転職に有利になる資格としては、語学関係の資格があります。

パイロットの仕事は英語で指令をやりとりするため、一定のレベルの英語力が必須といわれています。

英検やTOEICなどで優秀な成績を残しておくと、パイロットへの適性があるとみなされるでしょう。

パイロット資格試験の難易度・合格率

パイロットへの転職に役立つ職務経験は?

未経験者がパイロットという専門性の高い職業への転職に挑戦するのは大変勇気がいることです。

しかし、転職にあたってこれまでの職務経験やスキルを生かせる場合もあります。

たとえば、前職でたくさんの精密機器を扱ったり大型の乗り物を操作したりする経験があれば、飛行機の操縦を習得する際に役立つかもしれません。

海外で働いていた人の場合は高い語学力が役立つこともありますし、航空業界で働いていた人の場合は飛行機全般に関する知識が役立つこともあります。

もうひとつ、職務経験とは少し異なりますが、飛行機やヘリコプターなどが好きで、自家用の軽飛行機を私的な目的で使える「自家用操縦士」の資格を所持している人がいれば、転職に大いに役立つことでしょう。

パイロットへの転職面接で気をつけるべきことは?

パイロットに転職をするためには、面接試験に合格しなければいけません。

面接では過去の学歴や職歴はもちろんのこと、人柄や適性を見られています。

パイロットに最も求められるのは、常に冷静でいることです。

空の上では何が起きるかわかりません。

急に悪天候になったり、鳥と飛行機が衝突するバードストライクが起きたり、大きな地震が起きて予定していた空港に着陸できなくなってしまったりすることがあります。

また、確率は相当低いものの、機内がハイジャックされたり、お客さんが急病で倒れたりする可能性だってゼロではありません。

副操縦士や機長はどんな状況でも冷静に受け止め、迅速に対処するという使命があるのです。

面接ではこのような適性があるかどうかを見られていることを忘れず、予想していなかった質問にも冷静に平常心で受け答えできるようにしましょう。

パイロットに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

パイロットに転職するにあたって年齢の上限はあるのでしょうか。

これに関しては、もしも航空大学校に入学してライセンスを取得したいと考えているのであれば、年齢制限があります。

平成31年度の最新の募集要領によると航空大学校は年齢25歳未満までしか入学ができないということなので、転職を考えている人は早めに行動したほうがよいでしょう。

それ以外のルートで、私立大学のパイロット養成コースや海外を経由してライセンスを取得しようと考えている人の場合、25歳を過ぎてもライセンスの取得が可能です。

ただし、パイロットとして働くためには厳しい身体検査に合格しなければいけないので、体力があり視力や聴力などが衰えにくい若いうちに転職にチャレンジしたほうがよいといわれています。

未経験からパイロットの転職での志望動機

未経験者がパイロットへの転職を目指す場合、どのような志望動機が考えられるでしょうか。

たとえば大学四年生のときに、大手航空会社のパイロット採用試験を受けて不合格だった人が航空大学校への入学を目指す場合、面接ではどうしても夢を諦められない気持ちを正直に伝えるとよいでしょう。

また、大学の工学部で航空工学を学び、一度はメーカーに就職したものの最近になってパイロットという仕事に興味が湧いてきたという人の場合、学生時代に学んでいたことと自分の興味関心を結び付けながらアピールするとよいでしょう。

航空業界は「子どもの頃からの夢や憧れを追いかけてこの道に進んだ」とか「好きなことを仕事にした」という人が非常に多い業界です。

たとえ業務内容が未経験であっても、空や飛行機に対する自分の熱意はどんどん伝えてアピールしましょう。

パイロットへの転職・未経験採用はある? のまとめ

JALやANAのような大手航空会社では、転職希望者がチャレンジするのは難しいですが航空大学校や私立大学、あるいは米国などで自力でライセンスを取得するという方法であれば、即戦力として転職することは可能です。

転職動機で多いものとして、昔からパイロットの仕事に強い憧れを抱いていて、一度は別の業界で就職をしてみたものの、「やっぱりもう一度チャレンジしてみたい」と一念発起して転職を目指す場合が挙げられます。

転職を考える場合、まず重要なのは年齢です。パイロットの養成機関である航空大学校は入学の際に「年齢25歳未満」という条件があるため、早い決断が必要です。

さらに、身体的な基準を満たしているかどうかも重要なポイントで、パイロットは健康な身体であることが絶対条件であり、航空機を操縦するために必要な身長や視力なども細かく定められています。

パイロットとして航空業務を行う場合は、国土交通大臣の技能証明を受けて指定の資格を取得しなければなりません。

事業用操縦士、自家用操縦士、定期運送用操縦士の3つがあり、それぞれ操縦できる範囲などが定められています。

また、パイロットのライセンス以外で転職に有利になる資格としては、語学関係の資格があります。パイロットの仕事は英語で指令をやりとりするため、一定のレベルの英語力が必須といわれています。

転職にあたってこれまでの職務経験やスキルを生かせる場合もあり、たとえば、前職でたくさんの精密機器を扱ったり大型の乗り物を操作したりする経験があれば、飛行機の操縦を習得する際に役立つ場合があります。

面接試験でパイロットに最も求められるのは、常に冷静でいることです。

面接ではこのような適性があるかどうかを見られていることを忘れず、予想していなかった質問にも冷静に平常心で受け答えできるようにしましょう。