自動車整備士になるには? 必要な資格や免許は?

自動車整備士になるまでの道のり

自動車整備士として活躍するには、「自動車整備士試験(自動車整備士技能検定)」の合格が必要となり、整備士と資格は切っても切り離せない存在です。

この自動車整備士試験を受験するにはさまざまなルートあり、どの段階で取得するかを考えながら将来設計をしていく必要があります。

最も早いのは高校の自動車科で3級を受験

工業高校の自動車科などであれば、「3級整備士養成課程」が用意されています。

中学卒業後、高校の3級整備士養成課程に進むと、養成課程修了時に「3級整備士」の受験資格が得られ、併せて実技試験が免除されます。

最も早いルートではありますが、よりしっかりと学びたい人や、より上位の資格を取得したい人であれば、大学や専門学校に通い、後述する2級、1級の整備士試験を目指してみるのもよいでしょう。

自動車整備学校で学び2級、1級を受験

高校卒業後、「自動車整備学校(1種養成施設)」として認定されている大学・短大・専門学校などにて、「2級整備士養成課程」に進むと、養成課程修了時に「2級整備士」の受験資格が得られ、併せて実技試験が免除されます。

また、一部の自動車整備学校では、「1級整備士養成課程」を併せて用意している学校もあります。

「1級整備士養成課程」に進めば、同様に養成課程修業時に「1級整備士」の受験資格が得られ、併せて実技試験が免除されます。

なお、2級の場合は2年制コース、1級の場合は4年制コースとなります。

・2級整備士養成課程:2年制コース
・1級整備士養成課程:4年制コース

学校にいかずに3級に挑戦する

学校に通い整備士養成課程で学ばずとも、1年以上の実務経験があれば「3級整備士」の受験資格が得られます。

たとえば、普通高校を卒業後に資格不問で募集している整備工場などに就職し、その後1年以上現場で実務経験を積めば、3級整備士の受験資格が得られます。

さらに、2級や1級においても、実務経験を積むことで受験資格が得られるようになります。

<実務経験と受験資格>
・実務経験1年以上:3級整備士の受験資格が得られる
・実務経験2年以上:特殊整備士の受験資格が得られる
・3級合格後、実務経験3年以上:2級整備士の受験資格が得られる
・2級合格後、実務経験3年以上:1級整備士の受験資格が得られる

ただしこのルートの場合、実技経験が免除されず、学科試験+実技試験の両方に合格しなければなりません。

実技試験は、問題範囲の広さや難易度から、たとえ実務経験があっても合格は難しくなっているようです。

そこで、実技試験が免除となる「二種養成施設」での講習を受け、学科試験の合格を目指す人もいます。

自動車整備士の資格・難易度

資格は必要か?

「自動車整備士試験(自動車整備士技能検定)」は国土交通省が実施する国家試験です。

この資格がなくとも、法律上は自動車整備士として働くことはできます。

自動車整備士試験は、厳密にいえば「自動車の分解を伴う整備工場を運営するために必要となる資格」であり、そのような整備工場を国の認証を受けた上で運営するには、一定数の有資格者が必要というものになります。

とはいえ現実的にいえば、プロとして自動車整備を行う上では、この自動車整備士試験に合格し資格を取得していることが常識であり、就職時にも資格は重視されます。

昨今は未経験・未資格で募集する求人も増えてはいますが、本格的に整備の仕事をするには、就職後にいずれ資格を取得することになるでしょう。

なお補足として、国土交通省側としては、「自動車整備士になるためには、整備士試験に合格しなければならない」とアナウンスしています。

参考:国土交通省 自動車整備士になるために

資格の種類

自動車整備士資格には、大きく「1級」「2級」「3級」「特殊整備士」の4タイプに分けられますが、それぞれの級の中でも扱える車種などによって資格の種類が分かれています。

自動車整備士試験・資格の種類

<1級自動車整備士>
・1級小型自動車整備士

<2級自動車整備士>
・2級ガソリン自動車整備士
・2級ジーゼル自動車整備士
・2級自動車シャシ整備士
・2級二輪自動車整備士

<3級自動車整備士>
・3級自動車ガソリン・エンジン整備士
・3級自動車ジーゼル・エンジン整備士
・3級自動車シャシ整備士
・3級二輪自動車整備士

<特殊自動車整備士>
・自動車タイヤ整備士
・自動車電気装置整備士
・自動車車体整備士

自動車整備士の国家試験は、「実技試験」と「学科試験」の二段構えにて実施されます。

自動車整備学校などでの整備士養成課程の全課程を修了し卒業すると、実務経験がなくとも受験資格が得られ、かつ実技試験が免除となります。

整備士養成課程を受講せず、実務経験を積んで各種試験に挑戦することもできますが、実務経験だけで受験する場合、最短でも3級は1年後、2級はその3年後、1級はそのまた3年後という長い時間を要します。

実務経験だけで挑戦する際には、「実技試験」が免除されず難易度が高まりますので、実技試験を免除したい場合には、別途「二種養成施設」にて講習を受ける必要がでてきます。

資格の特徴や位置づけ

各資格試験の大まかな特徴や位置づけは次のようになります。

<各資格の特徴や位置づけ>
・1級自動車整備士:最上位の資格となり、あらゆる自動車の整備ができる、アドバイザー能力を有し、他の整備士や作業員を管理する立場に立てる
・2級自動車整備士:自動車の整備全般に携われる、単独で分解整備作業ができる
・3級自動車整備士:基礎的な整備に携われる、上級整備士の指示に従って一般的な整備ができる
・特殊自動車整備士:特定の分野におけるスペシャリストとしてのスキルをもつ、特定の分野で2級整備士並みの技能がある
・資格なし:整備士としての高度な技術を用いない作業を行う(オイル交換、タイヤ交換、清掃など)

昨今は人手不足の影響もあり、未資格であっても就職できるチャンスは増えてきています。

とはいえ、一人前の整備士として整備全般に携わりたい人は、将来的にでも2級自動車整備士以上を目指したいところです。

自動車整備士試験の難易度・合格率

自動車整備士になるための学校の種類

学校の種類と学費

自動車整備士になるために通う学校の種類としては、「工業高校」「大学」「短期大学」「専門学校」の大きく4タイプに分けられます。

<各学校で目指せる自動車整備士資格>
1.工業高校(自動車科など):3級整備士のみ
2.大学:1級整備士、2級整備士
3.短期大学:1級整備士、2級整備士
4.専門学校:1級整備士、2級整備士
※2級整備士を目指す場合は2年制、1級整備士を目指す場合は4年制

<各学校で卒業までにかかる学費の目安>
1.工業高校(自動車科など):公立は3年間で約150万円、私立は3年間で約300万円
2.大学:国立は4年間で約250万円、私立は4年間で約400万円~550万円
3.短期大学:公立は2年間で約100万円、私立は2年間で約200万円 ※1級整備士を目指す場合は別途約2年分の費用発生
4.専門学校:2年制コースは2年間で約220万円、1級整備士を目指す4年制コースは4年間で約450万円

私立の場合は、国立・公立に対して、2倍近くの学費が掛かってきます。

また、1級整備士を目指す場合は、4年制の1級整備士養成課程に進む必要があり、学費も4年分となり高額となってきます。

自動車整備士になるための学部・学科は?

学校によっても名前は変わりますが、自動車整備士になるための学部・学科は、主に次のような名称の学部・学科です。

工学部
自動車工学
・自動車科
・工学科
・自動車工学科
機械工学
・モータスポーツエンジニアリング科
・自動車整備科
・機械整備科
など

なお、自動車整備士試験の受験資格を得るには、国土交通大臣が「自動車整備士養成施設」として指定している学校の学部・学科でなくてはなりません。

国土交通大臣の指定する「自動車整備士養成施設」については、以下の国土交通省のページから確認できます。

参考:国土交通省 自動車整備士養成施設について

必要な学歴

地域の整備工場や町工場であれば、学歴はさほど重要にならないことが多いです。

大手ディーラーや人気ディーラーの場合も、営業職(総合職)の採用では、4年制大学以上の学歴を求めるケースが多いですが、技術職(整備士職)の採用では短大・専門学校卒以上としているケースが多いです。

自動車整備士の場合、学歴というよりも、2級課程卒(2年制コース)であるか、1級課程卒(4年制コース)であるかの方が注目点となり、1級課程卒の学生は優遇されやすく、初任給のベース額も高く設定されている会社が多いです。

ただし、日本はまだまだ学歴社会の価値観が根付いており、短大や専門学校よりも4年制大学を上にみる傾向があります。

大卒の整備士を評価する会社もないとはいい切れませんので、その点は頭に入れておく必要があります。

中卒でもなれる?

昨今は自動車整備士を目指す人が減っているため、「未経験歓迎」「資格不問」「学歴不問」などと、ハードルを大きく下げた求人も目立ってきています。

とくに、人の集まりにくい地域の町工場などでは、学歴は一切不問で、中卒の未経験者であっても積極的に採用しているような職場もあります。

そのような学歴不問の職場に就職すれば、中卒であっても整備士の仕事に携われます。

かつ、実務経験を一定期間積めば、自動車整備士試験の受験資格も得られます。

自動車整備士試験の受験条件に学歴的な制限はなく、実務経験さえ積めば中卒でも問題なく受験可能です。

自動車整備士になるための学校と学費(専門学校・大学)

自動車整備士に向いている人

自動車整備士に向いている人の特徴としては、主に次のようなものが挙げられます。

<自動車整備士に向いている人の特徴>
・向上心、探求心がある
・人と関わることが好き
・チームプレイができる
・地道な作業を続けられる
・手足が汚れても、暑さ寒さにさらされても平気
・車が好きである
など

特に重要になってくるのは、1つ目の「向上心、探求心がある」です。

自動車整備士は職人的な仕事でもあるため、日々向上心をもち、業務から吸収することを怠らず、地道に腕を磨いていく必要があります。

また、昨今は「ハイブリッドカー」や「電気自動車(EV)」など新しいタイプの車や新しいタイプの技術もどんどんと生まれてきているため、覚える知識も多々あります。

時には、専門書などを読み、自主的に勉強も必要になるでしょう。

したがって、自動車整備や車そのもの興味・関心があり、旺盛な向上心や探求心を維持できる人が、この仕事に向いているといえます。

自動車整備士に向いている人・適性・必要なスキル

自動車整備士のキャリアプラン・キャリアパス

一人前になるまでのキャリアパス

自動車整備士は覚えることや身に付けることがたくさんありますので、一人前になるまでには時間が掛かります。

入社1年目は、雑用・洗車・工具もちなどがメインとなることが多く、先輩整備士の仕事を手伝いながら、少しずつ技術を身に付けていきます。

その後も見習い期間は続き、一通りの自動車整備ができるようになるまでは、少なくとも数年の歳月が掛かってきます。

とくに未経験や未資格で就職した場合は、働きながら3級整備士や2級整備士の資格を目指し、資格に合格したのちに担当できる業務が広がる形となりますので、人によっては一人前になるまで10年近くかかることもあるでしょう。

一人前になったあとに必要な努力

整備士としての一連の作業を覚えたからといってもそれで終わりではありません。

より幅広い自動車を整備するには、日々勉強が必要になってきます。

たとえば、メーカーが変わるだけでも整備方法が大きく変わることもあり、それこそガソリン車・ハイブリッドカー・電気自動車と車のタイプ自体が変わると、整備方法はまるで変わってきます。

そして今後は、自動運転技術やインターネット技術などの先端技術も、自動車に積極的に導入されてくる見通しです。

そのようなさまざまなタイプの車を整備できるようになるには、整備の場数を踏むだけでなく、自主的に技術書などを読んで勉強することも必要になってくるでしょう。

その先のキャリアプラン

ディーラーの場合、ある程度経験を積んだ整備士は「整備主任」や「テクニカルアドバイザー」などの、整備士をまとめる整備士にステップアップするのが一般的です。

その後は、「工場長」や「店長」にステップアップする人もおり、さらには優秀な人ですと本部に呼ばれ、マーケティングや経営に関わることもあります。

また、整備士としての経験を生かし、車検の検査を行う「自動車検査員」、保険会社で事故車の調査を行う「損害調査員(アジャスター)」など、関連する別の職種に転職するケースもあります。

自動車整備士を目指せる年齢は?

まず、自動車整備士資格を取得する上で、年齢制限はありません。

就職に関しても、自動車整備士の平均年齢は40歳以上であるため、多少年齢を重ねても職場で目立つということは少ないでしょう。

また、昨今は整備士の人手不足が深刻化しており、年齢不問で募集している求人も多いですので、高齢になってからでもチャレンジできるチャンスが増えてきています。

ただし、これは自動車整備士に限った話ではありませんが、未経験の分野に就職・転職する上では、年齢は「若い」に越したことはありません。

30代40代以上で目指す場合には、選考に自分より若い人がライバルとして応募してきたことも考え、若さに勝るプラスαのアピールポイントを用意おくことが大切です。

自動車整備士は女性でもなれる?

まず、自動車整備士資格を取得する上で、性別的な制限はありません。

女性でも整備士になることはでき、割合としては少ないものの、実際に自動車整備士として働いている女性もいます。

また、「若者の車離れ」が進んでいるものの、その分価値観が多様化しているせいか、今も自動車整備士を目指す若い女性は一定数存在します。

ただし、自動車整備士は女性でもなることはできますが、女性の場合は、肉体的・体力的な部分で男性よりも不利になることもあります。

自動車整備士は、ときに重いパーツを持ち運んだり、真夏は暑く、冬場は寒い作業場で働くこともありますので、とくに女性の場合は身体を鍛える必要がでてくるでしょう。

女性の自動車整備士のキャリアパス・結婚後の生活