パイロット資格試験の難易度・合格率

  
パイロットの資格試験の合格率に関しては、非公開となっています。

また、航空会社の自社養成パイロット採用試験も合格率を公表していません。

パイロットになるための試験は狭き門であり、パイロット資格取得のための国家試験は、学科試験と実地試験があります。

この記事では、パイロット資格試験の難易度・合格率について解説します。

パイロットの資格とは

 
パイロットとして航空業務を行う場合は、国土交通大臣の技能証明を受けて指定の資格を取得しなければなりません。

代表的なパイロットの資格には、

  • 事業用操縦士
  • 自家用操縦士
  • 定期運送用操縦士

の3つがあり、それぞれ操縦できる範囲などが定められています。

それぞれの資格については下記を参考にしてください。

そのほか、プロパイロットを目指す場合には

  • 無線従事者
  • 計器飛行証明

などの資格も取得します。

航空機の場合、機種ごとに取得を定められている資格もあります。

自家用操縦士

軽飛行機や小型ヘリコプターを自家用として操縦するための資格です。

事業用操縦士

商用目的で飛行するための資格です。

たとえば航空会社では、フライトの対価としてお客さまにお金を払ってもらっているため、この資格が必要になります。

定期運送用操縦士

操縦にパイロットが2人必要な航空機などを操縦するための資格です。

パイロットになるには

パイロットの受験資格

 
上記の3つの資格を取得するためには

  • 航空大学校や航空会社の養成カリキュラム
  • 民間のフライトスクールなどの訓練で一定の飛行経験

を積み、国家試験(学科試験・実地試験)を受験する必要があります。

資格受験のために必要な飛行時間や年齢は、資格によって異なります。

定期運送用操縦士の受験資格

航空会社で働くための定期運送用操縦士の受験資格は以下の通りです。

定期運送用操縦士の受験資格
  • 21歳以上
  • 総飛行時間1500時間以上
  • 100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
  • 200時間以上の野外飛行
  • 100時間以上の夜間の飛行
  • 75時間以上の計器飛行

共通している受験資格

いずれの資格にも共通していることとしては、安全なフライトのために健康な身体であることです。

いずれの資格でも健康な身体が必要であり、定期運送用操縦士の場合は半年に1回、それ以外の乗務では1年に1回、航空身体検査を受けて「航空身体検査証明」を取得します。

パイロットの難易度・勉強時間

 
パイロット資格取得のための国家試験は、学科試験と実地試験があります。

学科試験は、原則として年に6回 (5月・7月・9月・11月・1月・3月)に行われており、実施場所や日程は官報で公示されます。

学科試験に合格しなければ実地試験は受けられないので、まずは学科試験の勉強をしっかりすることが大切です。

ただし、パイロットの学科試験には「科目合格制度」があるので、一部の科目に合格してから1年以内に行われる試験を通じて全科目に合格すれば問題ありません。

一度の試験ですべての科目に合格しなくてもよいので、学科試験に関しては順番に勉強をして受験するとよいでしょう。

パイロットの合格率

 
パイロットの資格試験の合格率に関しては、非公開となっています。

また、航空会社の自社養成パイロット採用試験も合格率を公表していません。

しかし、いずれにしても狭き門であることは間違いないでしょう。

航空大学校の場合は入学試験の倍率を公表しており、平成28年度の試験では受験者573人に対して最終合格者が72名、倍率は約8.2倍と発表されています。

これは自社養成パイロットよりも倍率が低いといわれていますが、

  • 学費を払って訓練を受けること
  • 必ずしも就職先が保証されているわけではないこと

おもにこの2点が自社養成パイロットと大きく違う点といえるでしょう。

その一方で、官公庁や使用事業会社など航空会社以外に就職できる可能性が高くなるので、どのような学校に入りどのような資格を取得するのか計画的に選択することが大切です。

パイロット資格試験の難易度・合格率のまとめ

代表的なパイロットの資格には、事業用操縦士・自家用操縦士・定期運送用操縦士の3つがあり、それぞれ操縦できる範囲などがことなり、このほか無線従事者・計器飛行証明などの資格を取得します。

自家用操縦士は、自家用として操縦するための資格、事業用操縦士は、航空会社で操縦するための資格、定期運送用操縦士は、操縦にパイロットが2人必要な航空機などを操縦するための資格です。

上記の資格を取得するためには、航空大学校や航空会社の養成カリキュラム、民間のフライトスクールなどの訓練で一定の飛行経験を積み、国家試験を受験する必要があります。

いずれの資格でも健康な身体が必要であり、定期運送用操縦士の場合は半年に1回、それ以外の乗務では1年に1回、航空身体検査を受けて「航空身体検査証明」を取得します。

パイロットの学科試験には「科目合格制度」があり、一度の試験ですべての科目に合格しなくてもよいので、学科試験に関しては順番に勉強をして受験するとよいでしょう。

パイロットの資格試験の合格率に関しては非公開となっており、航空会社の自社養成パイロット採用試験も合格率を公表していませんが、いずれも狭き門であることは間違いないでしょう。