パイロットの勤務時間・休日

パイロットの勤務体系の種類

 

パイロットにはさまざまな勤務先があります。

たとえば、航空会社の場合、大手航空会社から格安航空会社までたくさんの航空会社があり、就航している便によってフライトの時間帯や長さは変わります。

特に国内線と国際線のどちらの担当かでパイロットの勤務スケジュールは大きく変わると考えておいたほうがよいでしょう。

航空会社以外の職場としては、警察や消防、海上保安庁、自衛隊(航空・陸上)などの官公庁があります。

この他のパイロットの勤務先としては、遊覧飛行、チャーター飛行、物資輸送、測量飛行、報道取材、農薬散布などのために軽飛行機やヘリコプターなどの小型機を運航している民間の使用事業会社があり、それぞれの職場で勤務時間や休日が異なります。

いずれの職場でもシフトを組んで働くのが一般的です。

パイロットの勤務時間

 

国内線の場合、だいたい朝6時ごろから夜は22時ごろまでフライトがあります。

このうち、1日に3便ほど乗務するパターンが多いです。

朝一番のフライトを担当する日には早朝4時頃に起床して空港へ向かわなければなりませんが、その分、お昼過ぎには仕事が終わることもあります。

国際線の場合は、国内線以上に不規則な生活になります。

夜遅くに出発する便もありますので、そのようなフライトを担当する日には日本時間で夜中の間ずっと仕事をすることになります。

ヨーロッパやアメリカへのフライトでは1日10時間以上かかりますが、そのような場合には交代要員が乗っているので休憩や仮眠をとることもできます。

また、体調不良などで休みのパイロットが出た場合に備え、地上でスタンバイする日もあります。

パイロットの休日

 

パイロットの休日は月に10日程度です。

フライトは年中無休ですので、休みも必ず土日にとれるとは限りません。

特に航空会社で働くパイロットの場合はゴールデンウィークやお盆、年末年始のような世間の長期休暇が繁忙期となるので、このような時期は出勤する確率も高いようです。

だいたい前月の終わりごろに翌月のスケジュールが発表され、それを見ると自分がいつ休めるかがわかります。

国際線で長距離フライトを終えた後は、身体の調子を整えるためにも3日程度の連休が入ります。

パイロットの仕事は精神、体力ともに万全の状態で行う必要があるため、休日はもちろん、1日の乗務時間や休憩時間まで細かく決められています。

しっかりと身体を休めてから仕事に臨めるスケジュールになっているので、特別な心配はいりません。

ちなみにパイロットになる前に地上勤務などを行う「訓練生」の勤務時間は、原則的に1日8時間、週40時間となっています。

日勤をする部門に所属する場合は、朝9時〜18時ごろまでの勤務が一般的で、休日も土日祝日となっています。

パイロットの残業

心身の健康こそが何よりも重要なパイロットは、労働に関して厳しく管理されているため、フライト時間に変更がない限りは基本的に残業などはありません。

しかし、フライトは風や雷などの気象条件に大きく左右されますし、台風や地震のような災害が起きたときには乗客の安全確保のために運休や遅延が避けられません。

このような状況では空港で働く多くのスタッフが残業をすることになり、当然のことながらパイロットも残業を免れません。

パイロットは忙しい? 激務?

 

パイロットの仕事は人命を預かるという大きな責任を背負っているため、緊張感やプレッシャーがつきまといます。

また、フライト中は雨や風などの気象条件や滑走路の状況、機内でトラブルが起きていないかなどを常に把握する必要があり、あらゆる神経を使います。

こうしたことから、パイロットの仕事はハードだといわれていますが、そのぶん身体的にも精神的にもしっかり回復するために休む時間が確保されています。

ハードではありますが、勤務に関してはしっかり管理されているので心配しなくても大丈夫でしょう。

パイロットの休日の過ごし方

  

パイロットはプレッシャーやストレスが多い職業です。

特に大型旅客機の機長のような立場になるとたくさんの人命を預かる責任は重大で、仕事中は常に気を張って過ごすことになります。

このようなプレッシャーやストレスから解放されるため、休日は趣味のスポーツを楽しんだり家族と出かけたりしてのんびりと過ごしてリフレッシュする人が多いようです。

オンとオフの切り替えが上手な人ほど、長く現場で活躍し続けることができます。

パイロットの1日・生活スタイル