トラック運転手への転職・未経験採用はある?

トラック運転手への転職状況は?

別の業界からトラック運転手を目指す人にとって、現在は絶好のチャンスといえるでしょう。

というのも、近年は運送業界全体で人材不足が進んでいるため、どの会社も積極的に新しい人材を採用しようとしているからです。

これからますます高齢化が進むなか、この傾向はさらに強まっていくものと考えられます。

トラック運転手はもともと、乗るトラックの大きさや種類によって必要とされる免許が異なるため、経験が重視されがちな仕事でした。

しかし、最近では未経験者でも意欲のある人を採用する傾向にあります。

会社側が免許取得のための費用を負担したり、しっかりとした研修体制を整えたりして、現場に出られるよう1から教育する会社も増えているようです。

こうしたことから、今までまったくトラック運転手としての経験がない人でも、この仕事を目指しやすくなっているといえます。

トラック運転手への転職の志望動機で多いものは?

トラック運転手は日本の物流を支えるという重要な役割を担いますし、経験があればあるほど信頼されていく職業でもあるため、実力がつくことでステップアップできることや給料がアップしていくことを魅力に感じる人も多いようです。

また、もともとトラック運転手に憧れていた、体を動かす仕事がしたい、一人で黙々とできる仕事がしたいなどの理由で転職に踏み切る人も多いようです。

トラック運転手の志望動機・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からトラック運転手になるには

トラック運転手は、高い学歴や専門的な知識などが問われる仕事ではないため、求人さえ見つければ誰でもなることができます。

また人手を必要としている運送会社が多いため、異業種からの転職も比較的しやすいといえるでしょう。

トラック運転手への転職に必要な資格・有利な資格

トラック運転手を目指すからと言って、特別な運転免許を持っている必要はありません。

まずは普通自動車運転免許さえ持っていて運転経験さえあればトラック運転手を目指すことができます。

トラック運転手の資格にはどんな種類がある?

トラック運転手への転職に役立つ職務経験は?

トラック運転手を目指す上では、まず運転経験が大切です。

営業車を運転していた、飲食店のデリバリーをしていたなど、仕事をする上で運転していた経験があれば、ぜひアピールしましょう。

体力があることも求められるため、スポーツ経験や体力のいる仕事をしていたことがあれば自己アピールに使うことができます。

またお客さまと接する機会が多い場合は、接客経験もアピールポイントとなるでしょう。

トラック運転手への転職面接で気をつけるべきことは?

運送業界は決して楽な仕事ではありません。

とくにトラック運転手は不規則な生活にもなりがちで、荷物の積み卸しなど体力が必要とされる場面も出てきます。

なかには休日がほとんどなかったり、拘束時間があまりにも長かったりと過酷な労働条件を強いる、いわゆる「ブラック」な会社も存在し、いざ転職したはいいが、とても長く続けてはいけないとすぐに現場を離れてしまう人もいるようです。

とくに、運転手は仕事柄、万が一の事故を起こしてしまう可能性もあります。

そのような場合、会社がしっかりと補償やサポートをしてくれるかどうかという点も、面接の際に確認しておく必要があります。

この業界は大手から中小までたくさんの企業があるため、安易に転職先を決めず、きちんと経営を行っており、社員の働きやすさにまで気を配っているところを選ぶべきでしょう。

トラック運転手に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

トラック運転手の仕事は体力が求められることから運送会社は20代から30代ほどの若い世代を積極的に採用する傾向があります。

しかし、運転経験が長かったり、大型免許を取得していたりした場合は、年齢を問わず採用していることも多くあります。

志望する企業がある場合は、年齢制限についてしっかり確認しておきましょう。