新幹線の運転士になるには

新幹線の運転士になるには

300キロ近いスピードを出す新幹線の運転士は、まさに運転士の「花形」といえますが、新幹線を運転するまでには、厳しい道のりが待っています。

鉄道会社に入社した後、まずは駅員、車掌を数年間ずつ経験します。

その後は社内試験に合格して国家試験を受験し「動力車操縦者免許」を取得し、在来線の運転士としてさらに数年間経験を積みます。

その後社内で新幹線運転士の募集に応募し、選抜試験を経てようやく新幹線に関する勉強と訓練がスタートします。

新幹線を運転するためには、一般の電車を運転する時とは違う「甲種新幹線電気車」免許の取得をしなくてはなりません。

無事に免許を取得すると、先輩運転士についてもらいながら見習い期間を経て、新幹線の運転手としてデビューします。

新幹線の運転士となる試験はどれも簡単なものではなく、努力はもちろん、健康状態や判断力などの適正も必要となります。

近年は女性も新幹線の運転士として働いており、これからはその数がさらに増えると考えられます。

判断力や技術が必要な仕事

新幹線は、運転士の手だけで運転されているわけではなく、コンピュータープログラムも使いながら運転しています。

安全と正確さが何よりも大切な新幹線は、特に「自動運転機能」が年々進化しており、運転士の大きな助けとなっています。

ただし、全ての運転をコンピュータープログラム任せにすることはできないため、最終的には運転士の判断力や高い技術が求められます。

特に事故やトラブル、災害時など万一の際の対応は、運転士の対応によってけが人が出たり大幅な遅延が発生したりするため、適切な判断と対応が求められます。

希望する新幹線のJRを受験する

現在新幹線を所有する鉄道会社は、JR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州です。

「のぞみ」や「ひかり」などの東海道・山陽新幹線は、東京・新大阪間がJR東海、新大阪・博多間がJR西日本の担当となっています。

そのため、JR東日本に勤務する運転士が「のぞみ」を運転することはありません。

JR東日本の場合は「はやて」や「とき」など、東北・上越・長野新幹線を担当しています。

もし将来運転士を目指したい新幹線が決まっている場合は、希望する路線や新幹線を所有する会社を念頭に置いて志望先を選ぶ必要があるでしょう。

新幹線の運転士の給料

新幹線の運転士は、各社で多少の差はありますが600万円から800万円ほどといわれています。

新幹線の運転士も在来線の運転士と同様、「運転士」としての職位は同じため、基本給に違いはありません。

ただし、運転士には「乗務手当」というボーナスが発生します。

乗務手当は乗務時間と乗務距離で決められるため、在来線よりも長時間かけて長い距離を走行する新幹線の運転士は、どうしても手当てが多くなります。

その結果、全体的な給料もアップするのです。

新幹線の運転士も、在来線の運転士と同じように日勤や泊まり勤務で不規則な生活を送ることになりますし、在来線と比べると選抜試験格段に難しくなりますが、給料をアップさせるために新幹線の運転士を目指す人も多いようです。