このサイトはバス運転手を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「バス運転手」

仕事内容
バス運転手は、バスに人を乗せて目的地へと運ぶ仕事です。バスは、大きく分けると路線バスなどの「乗合バス」と、観光バスなどの「貸切バス」の2種類があり、乗合バスは電車と同じように地域住民の足として、貸切バスは観光ツアーや団体旅行、修学旅行などさまざまな目的で利用されます。多くの乗客の命を預かる仕事であるだけに、いかなる場合も安全運転を心がける必要がありますが、加えてお客さまに対する心遣いやマナーなども重視されます。
なるには
バス運転手は、全国の路線バス会社や観光バス会社などの民間企業に会社員として勤める人のほか、都道府県や市町村が運営する公営バスの職員となり、地方公務員として働く人の2種類に分けられます。学歴はあまり重視されませんが、採用試験ごとに受験資格が異なり、実際には高卒以上の学歴を持つ人が多いようです。なお、バス運転手として働くためには「大型第二種自動車運転免許」の取得が必須となります。一部の会社では、採用後に会社の研修を受けて免許取得を目指せるところもあります。
給料
バス運転手の給料は、平均年収450万円程度といわれています。ただし、年齢や経験によっても異なり、20代のうちは年収200万円台後半〜300万円台になる人がほとんどのようです。観光バスの場合は繁忙期と閑散期が発生することから、乗務の仕事が少なく営業所で待機する日が多くなる時期には、給与が下がってしまうということもあるようです。地方公務員になれば手当などは安定していますが、最近は公営でも民間委託が進んでいたり、正社員ではなく嘱託社員やアルバイトの運転手の採用も増えていることから、必ずしも高額な給料がもらえるとは限りません。
将来性
高速バスによる死亡事故の発生などを受け、近年では高速バスの安全管理が見直されるなど、バス運転手の労働環境は少しずつ改善されているといえるでしょう。ただし、バス会社は全国にたくさんあるため、会社によってだいぶ労働環境は異なるようです。また、バス運転手は経験や年齢とともに年収は少しずつ上がっていくものの、劇的な収入アップは期待しにくい仕事ともいわれています。人材不足により、未経験者を積極的に採用するバス会社も増えているといわれますが、一社で長く働くことを考えれば、就職前に会社の雰囲気や待遇をよく調べておいたほうがよいでしょう。