ディスパッチャーになるには

ディスパッチャーになるまでの道のり

ディスパッチャーは、航空会社の運航管理部門、あるいは運航管理業務を専門に行う航空会社の関連会社に勤務しています。

ディスパッチャーになりたい場合、まずはこうした会社に採用されることが第一目標となります。

大手の航空会社では「総合職」という形でさまざまな部署に配属される可能性があるため、必ずしも運航管理業務に携われるとは限りません。

たとえディスパッチャーを目指していたとしても、まったく異なる職種でキャリアを積んでいくことになるかもしれないことは覚悟しておきましょう。

ディスパッチャーになるまでのルート

ディスパッチャーの資格・難易度

ディスパッチャーに必要な資格

ディスパッチャーとして働くためには「航空無線通信士」の資格取得と「運行管理者技能検定」に合格することが必須です。

「運航管理者技能検定」という国家資格は、受験するには「2年以上の実務経験」が求められます。

そのため、航空会社等に就職すると、まずはオペレーションコントロールセンター(運航管理室)に配属され、ディスパッチャーをサポートする「運航支援者」として経験を積みます。

そして2年間の実務経験を経て、資格合格を目指すのが一般的なルートとなっています。

運航管理者技能検定

運航管理者技能検定の受験資格は、以下の通りです。

(1)21歳以上であること
(2)操縦、空中航法、気象業務、機上での無線設備操作、航空交通管制業務、運航管理者の補助のいずれか一つの経験を2年(運航管理者補助の場合は1年)以上、または二つ以上の経験を各1年以上経験した人であること

試験では、気象、機体工学、航空法などの学科試験のほか、実際にフライトプランを作成する実地試験も行われるため、難関の試験といえるでしょう。

ディスパッチャーの資格試験の難易度・合格率

ディスパッチャーになるための学校の種類

航空業界の採用試験では、基本的に「大卒」であることが応募条件となります。

一部、「高卒以上」であれば受験できる会社もありますが、大学へ進学しておいたほうが可能性は広がるといえるでしょう。

航空・船舶に関して学んでいたり、語学や気象学を専攻したりしている場合は有利になることもありますが、採用時で学部や学科が問われることは、ほとんどありません。

ディスパッチャーになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

ディスパッチャーに向いている人

ディスパッチャーは、安全に配慮しつつも、効率よいフライトプランの作成が求められます。

収集能力や分析能力はもちろん、トラブルの際には的確で冷静な判断力が求められるため、常に落ち着いた仕事ができる人が求められます。

また、ディスパッチャーになったあとも日々変わり続ける気象条件や新しい機体について学ばなくてはならないため、向上心がある人も向いているでしょう。

ディスパッチャーに向いている人・適性・必要なスキル

ディスパッチャーのキャリアプラン・キャリアパス

運航管理者技能検定の国家試験に合格後してからも、すぐにディスパッチャーになれるわけではありません。

資格を得たうえで数年間運航業務を担当し、各会社が行う社内審査にパスすることで、ようやく正式にディスパッチャーとして働けるようになります。

運航管理者技能検定よりも厳しい審査が行われることが大半で、なかには学科や実地など複数回試験を行う企業もあります。

このように、一人前のディスパッチャーになるまでには、それなりに長い道のりを覚悟しておかなくてはならないでしょう。

ディスパッチャーを目指せる年齢は?

ディスパッチャーとして働くためには、航空会社などに就職する必要がありますが、新卒採用が大半で中途採用は非常に少ないのが現状です。

また、人気のある業界のため、新卒だけでなく中途採用であっても非常に倍率が高くなります。

中途採用ではどうしても経験者が優遇されやすいため、ディスパッチャーを目指す際には、できるだけ学生のうちから準備をしておいた方がよいでしょう。