「航海士」とは

航海士_画像

作成した航海計画に基づき、気象や潮流の状況を踏まえて船を操縦し、船員の指揮をとる。

航海士は、船に乗り、船の操縦や指揮、荷物の管理を行う仕事です。

肉眼やGPS、太陽や星の計測などによって、現在地を把握し、気象状況や潮流を考慮しながら、安全に航海できるよう指揮をします。

また、出入港の指示なども行います。

航海士になるためには、商船大学や海上技術短期大学校などで学び、海技士国家試験に合格したのち、船舶会社や商船会社の海上職採用試験に合格することが必要です。

航海士の勤務体系は、2ヶ月乗船して20日休みなど、長期勤務と長期休暇を繰り返すことが特徴です。

コスト削減の流れを受け、外国航路の船舶は、人件費が安い東南アジア人の航海士が中心となっており、日本人航海士は国内航路がメインになってきています。

「航海士」の仕事紹介

航海士の仕事内容

船を安全に運行させる

航海士は、船の甲板で操縦や指揮をとる仕事です。

具体的な仕事内容は船舶の操縦、船員への指示管理、荷物の運搬、その他船舶運行に関わる総指揮などがあります。

安全な航海が実行できるよう、事前に航路や気象状況を確認し、船内の機械類の専門家である機関士と一緒に航海計画を練り、航海中は常にGPSやレーダーで位置確認を行い、気象や潮流の状況を考慮しながら指揮をとり、出入港の際の指示も行います。

乗客や貨物の安全を守るという重要な役割を担っているため、責任感や判断力、冷静さなどが求められる仕事です。

航海によっては何ヶ月間にもわたり洋上での生活が続くことがあるため、船や気象、海に関する知識だけでなく、体力や忍耐力も求められる仕事です。

航海士の就職先・活躍の場

船舶会社や商船会社

航海士が活躍する場所は、さまざまなところにあります。

船舶会社や商船会社がメインとなり、商船会社に勤務しながら航海士として働くケースもあれば、客船に乗船するケースもあります。

また、公務員として働く海上保安庁も人気があります。

船舶の種類によって雑務などは多少変わりますが、どの船に乗ったとしても基本的な仕事内容には変わりありません。

内航の場合は3ヶ月間乗船したのち1ヶ月の休暇、外航の場合は最低でも6ヶ月間乗船したのち2ヶ月の休暇など、特殊な勤務の仕方をするのが特徴です。

航海士の1日

4時間×2の8時間が基本

ここでは外航船に乗る三等航海士の1日を紹介します。

勤務時間は24時間のうち、4時間×2の8時間です。

ただし、緊急時や人出が足りないときには、当直中以外の時間に働くこともあります。

6:00 ラジオ体操
ラジオ体操後は甲板部分についた塩分を真水で洗い流します。

7:00 朝食

8:00当直
三等航海士が担当することが多いのが、この時間帯の当直です。

12:00 昼食

13:00休憩
甲板から釣りを楽しむこともあります。
港に船が着けてある場合は外出も許されます。


18:00夕食と休憩

20:00再び当直
乗船経験の浅い三等航海士の監督と教育は船長や機関長がおこなうため、そうした役職の高い人たちが起きている時間帯の当直が多いです。

24:00就寝

航海士になるには

「海技士(航海)」の免許を取得する

航海士として働くためには、国家資格である「海技士(航海)」の免許を取得する必要があります。

海技士の免許は航行する区域や船の大きさなどにより、1~6級の階級に分かれています。

将来、外交船員になりたいと思う場合には、中学校卒業後に商船高等専門学校に進学するか、高校卒業後に海事系大学へ進学する道があります。

内航船員になりたいという場合には、中学校卒業後に海上技術学校(本科)に進学するか、高校卒業後に海上技術短期大学校(専修科)に進学する道があります。

航海士の学校・学費

進学先をどう選ぶか

航海士になるための学校は複数あり、中学卒業後に進学できる商船高等専門学校、海上技術学校(本科)、高校卒業後に進学できるのが、海事系大学と、海上技術短期大学校(専修科)です。

少しでも早く海技士免許を取得したいのであれば、中学卒業後に進学できる海上技術学校(本科)が候補に挙がりますが、海事系大学に進学すれば「大卒」の学歴を得ることが可能になります。

大手の商船会社で活躍している航海士は、これらの大学の卒業生であることが多いことから、同じ卒業生であれば就職にも有利になるかもしれません。

航海士の資格・試験の難易度

学校で学び受験資格を得る

海技士の免許は、航行する区域や船の大きさ、担う業務などにより分かれています。

海技士の国家試験は、年に4回行われ、試験内容は筆記試験、口述試験(質疑応答や面接)、身体検査(視力、聴力、疾患の有無)の3つで構成されています。

級が上がるにつれ、口述試験は英語で行う必要があるなど英語力を試す科目が課せられます。

それぞれの受験資格を得るためには、学校で学ばなくてはなりません。どの進路を選ぶにしても、実際に試験に合格するかどうかまでは保証はないため、受験勉強を効率よく、根気よく続けた人だけが海技士試験に合格することができます。

航海士の給料・年収

特殊な仕事のため給与水準は高い

航海士の給与は、一般企業に比べてかなり高く、初任給が30万円を超えることもそう珍しいことではありません。

これは常に危険と隣り合わせであるだけでなく、責任の重さあるためです。

船長クラスになると、年収が1000万円を超すことも少なくありません。

また、危険な作業の多い航海士の仕事には船員保険と呼ばれる独自の保険制度が用意されます。

年金制度についても、一般の厚生年金や国民年金とは違った独自の制度があることから、保険や年金の補償は手厚く行われているといえます。

航海士のやりがい、楽しさ

大海原を相手にして働く

海を相手に仕事をする航海士は、大海原のど真ん中でその技量を試されることになります。

海の気象条件や、潮流は常に変化しとどまることがありません。

ルーティンワークが苦手な人にとって、刻々と変化し生じてくる自然を相手に対処してくことは、とてもやりがいのある仕事です。

大海原の上でさまざまな困難を乗り越えていくうちに、前回の航海でできなかったことが次回の航海では対処できるようになったり、先輩や上司から評価されたりすることは、大きな喜びとやりがいにつながります。

航海士のつらいこと、大変なこと

特殊な勤務体制

航海士の仕事の特徴は、その勤務体制です。

一旦出航してしまうと、次に停泊するまでは船は休みなく稼動し、そこに乗船している航海士にとって休む暇はありません。

緊急時には当直時間外も配置につき、作業を行うことになりますし、港に入港した際には、荷物の積み下ろしや必要な資材、燃料の補給、水の給水作業を行う必要がありとてもハードな仕事です。

また何か月も海の上で生活しなければならず、特に外航船の場合は何ヶ月も自宅に変えることができないため、結婚をしても家族と一緒に過ごす時間がないと悩む人も多いです。

航海士に向いている人・適性

チームワークに自信のある人

一つの船には、複数名の航海士が乗船し、24時間体制で運航を行います。

船員に的確に指示をだし、安全な航海を行うためには統制力と総合的な判断力が求められ、チームワークが必須となります。

年の若い航海士にとって実はこの部分が最大のネックになることもありますが、共に生活をして、業務を懸命にこなしていくことで、おのずと信頼関係が生まれていくことでしょう。

また、船上で集団生活を送る上でも、さまざまな相手とコミュニケーションをとり、チームワークをとれることは強みになり、そういった人は航海士に向いているといえるでしょう。

航海士志望動機・目指すきっかけ

頑張り次第でステップアップ

航海士の仕事は、資格を取得し更新手続きを怠らなければ、ずっと生かすことができる国家資格です。

より上位の資格を得ることで、自らの価値を上げていくこともでき、年齢を重ねても転職がしやすい職業です。

頑張り次第では船内でどんどん出世することも可能ですし、船長クラスの技術者になれば、あらゆるところから引く手あまたです。

自分が経験を積み努力することで、どんどん仕事に生かしステップアップしていけるというところを魅力に感じる人が多いようです。

航海士の雇用形態・働き方

多くは正社員

危険で大きな責任を伴う航海士は、ほとんどが正社員での雇用です。

もともとは男性が多い職場でしたが、近年では女性の航海士も増えてきています。

近年は専門機器を操作する仕事が増え、オペレーションなど女性が活躍できる場も広がっています。

資材・荷物の積み下ろしを行うデッキクレーン、エンジンや燃料に関わるボイラー機器、船を操縦するためのレーダー機器など、複雑な操作が必要とされる専門機器を使いこなせば、女性であっても航海士としての任務は立派に務めることができることでしょう。

航海士の勤務時間・休日・生活

特殊な勤務体制

航海士の勤務体制は、きわめて特殊といえます。

24時間体制で行わなくてはならないため、4時間×2などのシフト制で行われることが多く、昼夜問わず働かなくてはなりません。

また、乗船する船にもよりますが、一度出向すれば寄港するのは燃料の補給や荷物の積み下ろし時だけで、何か月も海の上で生活しなければなりません。

一度自宅を出れば、次に帰るのは何か月も先ということも珍しくないため、こうした働き方が苦にならないひとでなければ航海士は務まりません。

航海士の求人・就職状況・需要

航海士の採用状況と景気

航海士は経済状況にさほど影響を受けないため、求人数も例年安定しているといえます。

勤務先として待遇と給与の面で人気があるのが大型タンカーによる運輸会社、豪華客船、海上保安庁などです。

内航と外航に分けるとすると、外航を主に行う会社は近年外国人の航海士を採用したがる傾向にあります。

コスト削減のあおりを受けた苦肉の策ではありますが、それを差し引いたとしても航海士の仕事が安定して給与が高く、福利厚生も手厚いという点は変わりありません。

航海士の転職状況・未経験採用

転職は体力のある若いうちに

航海士を目指す学校には年齢制限の上限がないため、何歳になっても航海士への転職を目指すことは可能です。

しかしながら、体力や精神力を要し、経験がモノをいう航海士の仕事内容から考えると、10代や20代といった若い世代から始めることが必要な仕事であるともいえます。

船長としてキャリアアップしているような人は、いうまでもなく若いころから航海士としてのスタートを切っています。

ある程度の年齢を重ねてから部員として経験を積むには、大変な努力と忍耐が必要となるでしょう。

航海士の現状と将来性・今後の見通し

コスト削減で外国人航海士も

日本が海に囲まれた島国である以上、海運業がなくなることはなく、各企業は続々と求人を出しています。

航海士に必要な海技士資格は国家資格のため、一度手にしていれば転職先に困ることは少なく、キャリアアップを目指す航海士もたくさんいます。

ただし、社会の流れはコスト削減へと動き出し、外航船には東南アジア系の航海士を採用したがる企業が増えてきています。

知識や技術への努力を惜しむことなく、航海士としての成長していける人こそが必要な人材とされていくでしょう。