このサイトは航海士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「航海士」

仕事内容
航海士は、船の甲板で操縦や指揮をとる仕事です。安全な航海が実行できるよう、事前に航路や気象状況を確認し、船内の機械類の専門家である機関士と一緒に航海計画を練ります。航海中は、常にGPSやレーダーで位置確認を行い、気象や潮流の状況を考慮しながら指揮をとり、出入港の際の指示も行います。乗客や貨物の安全を守るという重要な役割を担っているため、責任感や判断力、冷静さなどが求められる仕事です。
なるには
航海士になるには、国家資格である海技士の免許を取得する必要があります。この免許は1級~6級があり、取得したものによって関われる業務内容が異なります。航海士になるまでのルートとしては、高校卒業後に商船大学もしくは海上技術短期大学に進学する方法が代表的です。商船大学を出て実習を終えると3級海技士、海上技術短期大学を出ると4級海技士の試験が受験可能で、免許取得後は船舶会社や商船会社への就職を目指します。
給料
航海士は危険を伴う仕事であるため、「船員保険」という特殊な保険が適用されるなど手厚い待遇で、給料も高めとなっています。階級が上がれば給料もアップし、一等航海士になれば年収1000万円以上を得る人も多くいます。ただし、勤務先によっては陸上勤務を行うこともあり、海に出ていない時期は収入が減ることもあるようです。命に関わる仕事であること、また乗船中は不規則でハードな生活になるため、覚悟も必要と言えるでしょう。
将来性
航海士の需要は高く、貿易会社や客船を運航する会社、海洋関連会社など、さまざまな企業が求人募集を出しています。人材不足とも言われる仕事ですが、人件費の安い外国人を雇うケースも増えてきています。危険と隣り合わせで精神力も体力も要しますが、本当にこの仕事をやりたい人にとっては、安定した待遇の下で長く働いていくことができる魅力ある仕事だと言えます。なお、「男の世界」のように思われがちですが、近年は女性の活躍も目立ってきています。