運転手への転職・未経験からなるには?

運転手への転職状況は?

近年は運送業界全体で人材不足が進んでいるため、どのバス・タクシー・トラックのどの会社も積極的に新しい人材を採用しようとしており、別の業界から運転手を目指す人にとっては、チャンスといえるでしょう。

高齢化が進むなか、若い世代を積極的に採用しようという動きもあります。

運転手はもともと、必要とされる免許が異なるため、経験が重視されがちでしたが、近年は未経験者でも意欲のある人を積極的に採用する傾向にあります。

会社側が免許取得のための費用を負担したり、しっかりとした研修体制を整えたりすることで、新人を1から育てる会社も増えてきており、まったく運転手としての経験がない人でも、この仕事を目指しやすくなっています。

運転手への転職の志望動機で多いものは?

運転手への転職で多いものは、もともと運転が好きだったというもの、そして運転スキルを生かしてよりよい待遇の会社へ運転したいというものです。

経験があればあるほど信頼されていく職業でもあるため、タクシー運転手からバス運転手や専属運転手へ、小型トラック運転手から大型トラック運転手へ、などステップアップするために転職をする人も多くいます。

運転手の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から運転手になるには

何の運転手になりたいか?

運転が好きで、運転手への転職を目指したいと考えている場合、まず何の運転手になりたいのかを決める必要があります。

バス・タクシー・トラック、そして専属運転手とそれぞれ仕事内容は少しずつ異なりますし、求められる免許の種類も違います。

また、たとえ同じトラックドライバーといっても、2トン車もあれば、大型トレーラーやタンクローリーなどもあり、それぞれに必要な免許が存在します。

まずは、自分がなりたい運転手の姿を明確にして、必要な資格の取得を目指しましょう。

運送業界は運転手の高齢化が進み、未経験者でも若くて熱意さえあれば採用してくれる会社が増えているようです。

企業選びは慎重に

運送業界には多くの企業があり、その規模もまちまちです。

従業員にとっての「働きやすさ」を大事に考えているところもあれば、過酷な働き方を強いるところもあるため注意が必要です。

とくに運転手は仕事柄、万が一の事故を起こしてしまう可能性もあります。

そのような場合、会社がしっかりとサポートをしてくれるかどうかという点も調べておく必要があります。

会社選びの際には、評判や労働条件等をしっかりと確認し、後悔のない転職活動に臨みたいものです。

運転手への転職に必要な資格・有利な資格

運転手を目指すからと言って、特別な運転免許を持っている必要はありません。

まずは普通自動車運転免許さえ持っていて運転経験さえあれば、基本的には誰でも運転手を目指すことができます。

ただし、トラックなど特別な技術を必要とする世界では、いまだ経験者の採用を中心としているところもあるため、よく確認することが必要です。

運転手の資格の種類

運転手への転職に役立つ職務経験は?

運転手を目指す上では、まず運転経験が求められます。

仕事でもプライベートでも、運転していた経験があれば、ぜひアピールしましょう。

またお客さまと接する機会が多いバスやタクシー運転手、専属運転手を目指す場合は、接客経験もアピールポイントとなるでしょう。

運転手への転職面接で気をつけるべきことは?

運転手は会社の顔として働くことになるため、第一印象が大切です。

話す内容はもちろんですが、身だしなみや話し方などに気を遣い、相手に好印象を与えられるように心がけるようにしましょう。

運転手に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

運転手の仕事は体力が求められることや、高齢化により人材が不足していることから20代から30代ほどの若い世代を積極的に採用する傾向があります。

しかし運転経験が長かったり、大型免許を取得していたりした場合は、年齢を問わず採用していることも多くあり、高齢だからと言ってあきらめる必要はないでしょう。