トラック運転手になるには

トラック運転手になるまでの道のり

トラック運転手の多くは、物流会社や運送会社に勤務しています。

そのため、まずはこうした運転手を必要としている会社への就職を目指すことが、トラック運転手になるための近道といえるでしょう。

大手から中小企業まで全国にさまざまな規模の会社があります。

ただし、トラックの運転には普通自動車とは異なる免許や運転技術が求められます。

とくに大型トラックの運転は特別なスキルが必要とされるため、経験者を優先的に採用する傾向が強いようですが、近年では人材不足に悩む企業も多いため、未経験でも歓迎するところが増えています。

経験がない場合には、未経験者を積極的に採用している会社を探すとよいでしょう。

トラック運転手の資格・難易度

トラック運転手として実際に働くとなれば、トラックの種類に応じた資格を取得しなくてはなりません。

中型トラックであれば「中型免許」、大型トラックであれば「大型免許」、さらにトレーラーなどを扱う場合には「けん引免許」が求められます。

また運ぶものによっては「危険物取扱者免許」や「毒物劇物取扱責任者免許」などの取得も必要になります。

このような特殊な免許は基本的に、入社後に研修を受けて会社負担で取得することができます。

トラック運転手の資格にはどんな種類がある?

トラック運転手になるための学校の種類

この仕事で学歴が問われることはあまり多くありません。

専門的な勉強は必要なく、熱意さえあれば、基本的には誰でもトラック運転手を目指すことが可能だといえるでしょう。

トラック運転手に向いている人

トラックに限らず運転手になるための基本といえますが、長時間の運転が苦にならないということは重要なポイントです。

普段普通車を運転していても、いざ仕事となれば毎日、何百キロという距離を走り続けなくてはなりませんし、無線が繋がっているとはいえ運転中は一人なので、ただ黙々と運転をしなくてはなりません。

ただトラックを運転したいという気持ちが強いだけでなく、運転を仕事にできる自信がある人が、この仕事に向いているといえるでしょう。

トラック運転手に向いている人・適性・必要なスキル

トラック運転手のキャリアプラン・キャリアパス

経験を積んでステップアップ

近年では現場未経験者を積極的に採用する会社も増えています。

まずは大型免許を取得した上で、まず2トントラックの運転からスタートし、経験を積んでいくにつれて4トン、10トンとステップアップする流れが一般的です。

契約社員からのスタートも

トラック運転手は、求人内容によっては正社員になることを前提とした契約社員としてのスタートとなっている場合も少なくありません。

その場合は、定期的に社内での昇格試験が行われ、勤務態度や営業成績などと併せて正社員になれるかどうかが決まります。

トラック運転手を目指せる年齢は?

トラック運転手は免許があれば何歳でも働くことができますし、ベテランのドライバーの場合は転職も比較的容易にできるといわれています。

ただし、企業によっては20代半ば~30代くらいまでの年齢制限を設けていることもあるため、未経験から目指す場合は早いうちによく確認しておいたほうがよいでしょう。

体力を要する仕事であることや、長く働いてほしいということもあり、若い人のほうが歓迎されやすいようです。

トラック運転手は高卒から目指せる?

採用条件として「高卒以上(場合によっては大学以上)」としているところもありますが、基本的にトラック運転手の仕事では学歴はさほど重視されず、それよりも熱意や体力が求められます。

特別な勉強をしていなければなれないという職業ではないため、とにかく運転が好きであれば、トラック運転手として働ける可能性は十分にあるといえます。

トラック運転手は女性でもなれる?

「トラック運転手は男性の仕事」と思われがちですが、実は女性運転手も大勢活躍しています。

車好きな女性や運転をするのが好きな女性もたくさんいますし、運転そのものには体力をさほど要するわけではありませんから、女性でも十分に活躍できる職業だといえるでしょう。

女性のトラック運転手のキャリアパス・結婚後の生活