女性の運転手のキャリアパス・結婚後の生活

女性の運転手の現状

トラック・バス・タクシーの運転手は、徐々に女性が増えつつあります。

とくにバスやタクシーなど接客を求められる運転手は、女性ならではの丁寧な運転や接客は評判も高く、積極的に女性を採用する会社も増えているようです。

この先、女性運転手の数がさらに増えていくことで、女性向けの社内制度などより充実し、ますます女性が活躍できる職業になっていくことが期待できます。

女性の運転手の強み・弱み

運転手の仕事は、完全に男女平等の世界です。

まだ全体に対する女性割合が少ない分、不便を感じることがあるかもしれませんが、男女関係なく実力を発揮してバリバリと働けるという点では、やりがいは大きいといえるでしょう。

また、女性運転手はお客さまにとってもまだ珍しく、親しみやすさを感じてもらえることがあります。

乗務中、お客さまから気軽に声をかけてもらえたり、子どもやお年寄りの方に安心して利用してもらえたりするところは、女性運転手ならではの良さといえるでしょう。

はじめは驚かれてばかりかもしれませんが、お客さまからの反応を力にして活躍することができます。

運転手の結婚後の働き方・雇用形態

しっかりした企業に就職すれば、仕事と家庭を両立させて働くことは十分に可能だといえるでしょう。

また、運転技術が重要な仕事であるため、一度資格をとって技術を身に付ければ、たとえ子育てなどを機に一度職場を離れたとしても、また再就職がしやすい職業だといえます。

自身が健康であれば長く仕事を続けていけることも、運転手の仕事のメリットといえます。

運転手は子育てしながら働ける?

さまざまな企業で女性の子育てを応援しようという動きが出てきています。

結婚・出産後の女性が働きやすいように勤務体系に柔軟性を持たせている会社も増えてきており、子どもを預けられる短時間だけ、また日中だけのシフトで働けるよう配慮してくれるところもあります。

結婚や出産を経験することで、子連れのお客様に配慮したり、優しく車内アナウンスをしたりすればお客さまから安心してもらいやすいですし、とくに小さな子どもやお年寄りにとっては、運転手が女性というだけで安心感が大きいという声も聞かれます。

お客さまからと声をかけてもらえることも多く、きっと子育てをしながらでも仕事にやりがいを感じられるはずです。

運転手は女性が一生働ける仕事?

運転手の高齢化が進み、人材不足に悩むバス会社が増加傾向にあるなか、若い女性をどんどん採用し、自社で育成する会社は今後も増えていくと考えられ、一生働く女性も増えてくると考えられます。

とはいえ、現状は運転手のほとんどが男性であるため、女性ひとりで入っていくのは誰だって不安を感じるでしょう。

もし、女性でこれからバス運転手になってみたいと考えている人がいたら、積極的に女性を採用している会社を選ぶ必要があります。

こうした会社はホームページでも女性運転手の活躍ぶりを公開しているため、自身の仕事の仕方やキャリアプランも考えやすいでしょう。