女性の車掌のキャリアパス・結婚後の生活

女性の車掌の現状

近年、各鉄道会社では積極的に女性の現業職採用を行うようになりました。

実際に女性の車掌を見かける機会は日に日に増え、今後はより女性の車掌が増えていくと考えられています。

女性の車掌の強み・弱み

女性の車掌の最大の強みは、女性ならではの優しさや親しみやすさを感じる接客です。

特にお年寄りや小さな子どもなどからは、女性の柔らかで温かみのある対応に安心するという声も挙がっています。

また、車内で女性に関するトラブルが発生した場合や、事件や事故が起きた際にも同性の車掌が乗車しているということは、女性の乗客にとって大きな安心感を得ることにつながるようです。

車掌の結婚後の働き方・雇用形態

女性にとって特に気になるのは、体力面と泊まり勤務が必須であることではないでしょうか。

車掌は一日中立っている時間が多く体力を使いますし、安全に気を遣うため集中力も必要とします。

さらに気力も体力も必要となり、女性であっても心身ともに強く健康であることは大切です。

また終電や始発の運行があるため、泊まり勤務はどうしても避けられません。

休日も土日と決まっているわけではなく、シフト勤務ですのでどうしても不規則な生活になりがちです。

しかし、業務中の集中力を保つためにしっかりと休みはとれますし、トラブルが発生しない限りは残業もさほど多くないため、家庭と両立することは十分可能といえるでしょう。

車掌は子育てしながら働ける?

車掌はどうしても泊まり勤務が発生するため、子育てをしながらするのは難しいと考えられてきました。

しかし、JRや大手私鉄をはじめとした鉄道会社の多くは短時間勤務や短日数勤務制度を導入し、仕事と育児や介護などの漁率ができる環境を整え始めています。

JR東日本では、短時間勤務は子どもが3歳になるまで短日数勤務は、子どもが小学3年生になるまで希望することができます。

また、安心して泊まり勤務ができるよう、24時間対応できる保育所の設置がすすめられ、全支社に1か所以上設置される予定です。

ピークの時間帯を避け短時間勤務が希望できるようになったり、業務に支障がない範囲で早い退社が可能になったりするなど、女性の車掌が増えていく中で、各社は工夫を重ね今後はより新しいスタイルが増えてくると考えられています。

車掌は女性が一生働ける仕事?

鉄道会社は車掌だけでなく、仕事内容やキャリアアップに関しては、男性も女性もまったく違いがありません。

女性も男性と同様にキャリアアップしていくことができますし、車掌はもちろん、女性の運転士も登場しています。

鉄道が好きという情熱があれば、男女の区別なく積極的に活躍できる仕事で、今後も女性の車掌はますます増えていくことが予想されます。

電車内に女性車掌が増えることで、よりきめ細かな対応ができるようになり、日本の鉄道会社全体のイメージアップにもつながっていくでしょう。