電車運転士になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・高校)

電車運転士になるための学校の種類

電車運転士になるには、鉄道会社の「鉄道現業職」採用試験を受験し、社員として採用される必要があります。

ですが、鉄道会社からの求人情報は「指定校制」として、過去に採用実績のある高校にくることがほとんどです。

電車運転士を目指すのであれば、電車運転士の就職実績がある工業高校や商業高校に進学するのが近道となりますが、そのほかにも大学や専門学校から鉄道会社に就職する方法もあります。

電車運転士になるための大学

現在、電車運転士を目指す場合は高校卒または専門学校卒がほとんどで、大卒で電車運転士になる人はほとんどいません。

大卒者を対象とした社員採用試験も実施されていますが、大卒者の場合は車掌や運転士などを目指すのではなく、「総合職」として本社で働きながら幹部を目指す道が一般的です。

ただし、近年では大卒者でも鉄道現業職を希望する人のために、別の採用区分を設ける鉄道会社も増えつつあるため、大学卒の場合でもまったくチャンスがないわけではありません。

電車運転士になるための専門学校

電車運転士になるための専門学校とは?

電車運転士として鉄道現業職を目指すための専門学校としては、観光系の専門学校が一般的です。

「鉄道交通科」や「鉄道サービス科」などの名前のコースが設置されている学校であれば、鉄道業界への就職を目的としたカリキュラムが組まれています。

ただし鉄道系の学科といっても、細かく分けると車掌や運転士の方面を目指すコース、鉄道車両のメンテナンスのプロを目指すためのコースなどもさまざまなため、パンフレットや学校説明会などで、カリキュラムをしっかりと確認することが必要です。

専門学校からの就職状況

観光系の専門学校であれば、鉄道会社の求人情報も学校に届きますが、専門学校卒の電車運転士は高卒よりもぐっと数が少なくなっています。

そのため、電車運転士を目指すための入口としては、まず鉄道会社からの求人がある高校へ進学し、高卒で鉄道会社の社員になるのがもっとも一般的な道だといえます。

ただし、高校によってはまったく求人のない場合もあるため、その場合は観光系の専門学校に進んでから卒業後に鉄道会社を目指すという道もあります。

鉄道会社の現業職の場合、自分で鉄道会社の求人情報を探して応募する方法ではなく、学校に届いた求人情報に応募するという流れが一般的となっているため、各学校の就職状況をチェックしておくことが大切です。

電車運転士の学校選びのポイントは?

電車運転士は、鉄道会社に入社後、適性や配属を考慮しながら選抜された人のみが目指すことができる職業です。

中学校の時点で既に電車運転士を目指しているのであれば、鉄道会社の採用実績のある工業高校や鉄道系の高校に進学するのが近道です。

自分の高校に鉄道会社の求人がない場合、または進学したい場合は、観光系の専門学校で学び鉄道会社への就職を目指すのが一般的です。