トラック運転手の需要・現状と将来性

トラック運転手の現状

トラック運転手を取り巻く過酷な現状

トラック運転手が働く運送業界は、いま過渡期を迎えようとしています。

これまで業界を担ってきたベテラン運転手たちの高齢化によって人材不足に陥っており、新たな力となる若手運転手の育成が急務となっています。

しかし「仕事がきつい」「体力がいる」「給料が安い」といったネガティブなイメージが根付いており、なかなか人が思うように集まらず、定着しないのも実情のようです。

実際、過酷な労働環境によって長距離トラック運転手が過労死したというニュースが社会問題になったり、不況のあおりを受けてとくに中小の運送会社では給料カットが行われたりなど、トラック運転手を取り巻く状況は決して甘いものとはいえません。

働きやすい環境づくり

こうした問題の改善が叫ばれるなか、多くの若者を呼び寄せられる業界にしようと、透明性の高い経営を行っていることを積極的にアピールし、働きやすい環境づくりに取り組む会社も徐々に増え始めています。

たとえば、これまでよりも休日を増やしたり、勤務体系に柔軟性を持たせたりして、女性でも安心して働けるような制度を整える会社もあります。

今後も運送業界は刻々と変化していくものと思われますが、しばらくは会社によって待遇面にだいぶ差がある状況が続くかもしれません。

トラック運転手の需要

近年、個人にもネットショッピングが普及し、宅配便の数も以前と比べると急増しています。

国土交通省によれば平成30年度の宅配便取扱個数は43億701万個で、ここ20年間で約3倍に増えているといわれます。

そのうちトラック運送は42億6061万個にものぼり、ほぼすべての物流をトラックが担っていると言ってもよいでしょう。

こうした状況を受け、トラック運転手不足からドライバーの忙しさが増すとともに、企業間の競争やドライバーの争奪戦も激化しているようです。

トラック運転手の将来性

トラック運転手の仕事は、健康でありさえすれば長く働ける仕事です。

とくにトレーラーなど大型トラックを運転の運転は、素人が簡単にできるものではありません。

経験は武器になりますし、高い運転技術や資格を生かして転職することも可能です。

日本の物流は、トラック運転手の頑張りなくしては実現できません。

これからも、強い使命感を持った運転手が求められていくことに変わりはないでしょう。

トラック運転手の今後の活躍の場

運送業界では、年々運転手の高齢化が進んでいると言われます。

これは、トラック運転手の仕事に対するマイナスイメージによって、若者の志望者が減少していることが大きな理由となっているようです。

しかし安定した環境でしっかりと休日をとりながら、やりがいを持って働いている人もたくさんいますし、歩合制の企業では、実力をつけて一般のサラリーマンより多くの年収を得ている人もいます。

国の支援もさらに進んでいくことと予想されますが、各社の給料や休暇制度、福利厚生などに関して時間をかけて調べておくことが大切です。