このサイトは車掌を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「車掌」

仕事内容
車掌は、電車運転士と協力して、電車の乗客を目的地まで安全に届ける仕事です。ホーム上では、乗客が乗り降りする様子と信号を確認しながらドアの開閉を行い、電車がスムーズかつ安全に運行できるようにします。また、乗り継ぎなどを案内する車内放送や、切符の確認(車内改札)、空調の調整、トラブル時の対応等も行っています。ダイヤ通りの正確な運行を目指しつつ、乗客の命をしっかりと守るという重大な責任を担っています。
なるには
車掌になるには、まず鉄道会社へ「現業職」として就職することが第一歩です。高卒者が中心ですが、大学や短大、専門学校卒の人もいます。まずは駅員の仕事からスタートし、駅の利用客と直接接しながら業務を覚えていきます。その後、車掌の登用試験を受けて合格すれば研修が受けられ、ようやく車掌として働けます。なお、車掌には信号確認業務があるため、正常な色覚を持っていることと矯正眼鏡視力が1.0以上という採用条件があります。
給料
鉄道会社の規模や地域、勤続年数等によって給料は変わりますが、車掌の年収は500万円~600万円程度が一般的です。地方よりも都市部のほうが給与水準は高めとなっています。高卒者の初任給は17万円前後で、キャリアを重ねるうちに昇給していきます。なお、車掌は夜勤が入ることもありますが、夜勤手当や残業手当などはきちんと支給されます。鉄道会社は福利厚生に力を入れているところが多く、民間企業の中では安定性のある仕事だと言えるでしょう。
将来性
IT化が進み、車内放送が自動になるケースも増えているなど、車掌の仕事は少しずつ変わりつつあります。とはいえ、車内で急病人が発生した際や、予期せぬ事故が起こってしまった際に迅速に対応するためには、車掌の力が欠かせません。多くの人に自社の電車を快適に利用してもらうためには、充実したサービスの提供も必須です。乗客を思いやることができ、安全に電車を運行させるという使命感を持った人材が求められちます。