自動車整備士の1日のスケジュール・生活スタイル

自動車整備士の業務スケジュール

自動車整備士の業務イメージ

ディーラーなどの場合ですと、まずはフロントスタッフや営業がお客さまから点検・車検・修理などの整備作業の予約を受け、その後技術管理者を通して、自動車整備士に作業の指示が出されます。

作業指示が出されたら都度対応していく形となり、イメージとしては、一日当たり何件かの整備を担当する毎日となります。

自動車整備士の主な作業場は、「整備場」や「ピット」内となり、その名のとおり自動車をいじり、整備をしている事が多いです。

ただし時には、店頭に出て整備結果の報告をしながらお客さまとコミュニケーションをすることもあり、他にも事務所内で部品発注などの事務作業をすることもあります。

就業時間や休日

自動車整備士の就業時間は、勤務先の店舗の営業時間によって変わっていきます。

大手のディーラーの場合は、朝10時営業開始としている店舗が多く、就業時間はそれに合せ9:30~18:00頃を定時としているケースが多いです。

店舗の定休日に関しては、大手ディーラーは月曜日、火曜日を定休日としている店舗が多く、カー用品店などの場合は、年中無休で営業している店舗もあります。

いずれにしても、お客さま商売となるため、土・日・祝日は出勤となるケースが多く、休日は平日に取る事が多いです。

一方で、整備工場、町工場の場合は、ディーラーのように日々お客さまが出入りする環境ではないため、平日5日出勤、土・日・祝日は休みとなることおもあります。

ディーラーで働く自動車整備士の1日

09:00 出社

店舗の営業開始時間よりも少し前に、出社します。

09:10 始業準備

作業着に着替え、整備場の掃除を行います。

その日の整備予定や作業手順を確認します。

09:30 朝礼

店舗のスタッフ全員で、朝礼を行います。

10:00 点検業務

業務を開始します。

技術管理者から点検作業に関する情報が引き渡され、それに基づき自動車整備士が点検を進めていきます。

11:00 点検結果の報告

お客さまに、点検結果を報告します。

問題がある箇所については、部品交換の見積を作成し、技術的な見解も交えてお客さまへ説明します。

12:00 お昼の休憩

お昼の休憩となります。

店舗内の従業員スペースなどで昼食をとり、身体を休めます。

13:00 整備業務

整備の予約が入っている場合は、指示にもとづき整備作業を進めていきます。

整備作業は、ブレーキパッドやベルトの交換から、オプション品の取り付け、エンジンやサスペンションを取り外すといったことまでさまざまです。

間違えのないように、慎重に作業を進めます。

17:00 整備結果の報告

整備が完了後、お客さまに作業の内容や仕上がりを報告します。

また故障などの場合には、今後同様のトラブルが起きないようにするための技術的なアドバイスも行います。

18:00 定例ミーティング

自動車整備士チーム内での定例ミーティングを行います。

今日一日の作業の報告や連絡事項の周知、その他にも課題や問題点の共有や話し合いなどを行うこともあります。

18:30 退社

急な作業の予約が入っていなければ、その日の仕事は終了し、帰宅します。

補足点としては、ディーラーは常々不特定多数のお客さまが出入りする環境であるため、整備士であっても何かとお客さまと関わることが多くなるのが特徴的です。

またディーラーで働く場合は、お客さまの目の届く範囲で作業していることを、常に意識した上で働く必要があります。

整備工場や町工場で働く自動車整備士の1日

「整備工場」や「町工場」で働く自動車整備士の場合も、1日の業務の流れはディーラーとさほど変わりはありません。

整備工場や町工場の場合も朝9:00頃に出社し、指示にもとづき点検や整備の仕事を1日何件かこなしていく形となります。

ただし、整備工場や町工場は、ディーラーのように常にお客さまが出入りしている環境ではないため、お客さまの目を気にする必要は少なくなってきます。

自動車整備士の勤務時間・休日