このサイトはトラック運転手を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「トラック運転手」

仕事内容
トラック運転手は、トラックを運転し、荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へと運ぶ仕事です。地域内で宅配などを行う小型トラックの運転手もいれば、高速道路を含めて長距離を走る大型トラックもおり、運ぶものも食品、雑貨、ガソリン、軽油、高圧ガスなど多岐にわたります。業務の中心は、安全運転をして時間通りに目的地まで荷物を運ぶことですが、場合によっては運転手自らが荷物をトラックへ積む作業や、目的地で荷卸し作業を行うこともあります。
なるには
トラック運転手の多くは、物流会社や運送会社に勤務しています。学歴はあまり重視されない職業であり、なるために特別な勉強をしていなければならないということもありません。何よりも熱意や体力が求められる傾向にあります。ただし、運転するトラックの種類によって必要な免許が異なり、とくに高度な技術が必要な大型トラックの運転手は経験者が優先的に採用されるようです。最近は、未経験でも入社後に必要な免許が取得できる会社は増えています。
給料
トラック運転手の給料は、年収にして300万円〜400万円程度といわれています。ただし、技術が求められる仕事であることから、経験を積むことで収入アップも期待でき、大型トラックの運転手の給与水準は若干高めとなっているようです。なかには歩合をとっている企業もあり、そのような場合はたくさんの荷物を積んで長距離を走るほど収入も増えます。運転手が活躍できる企業はたくさんありますが、基本給以外の手当がどれだけ付くかによっても、収入はだいぶ差が出ているようです。
将来性
日本の物流を支えるうえで不可欠なトラック運転手ですが、いま運送業界では運転手の高齢化が進んでおり、人材不足が大きな課題となっています。こうしたことから、最近では多くの若者を呼び寄せられる業界にしようと、各運送会社では働きやすい環境を整えたり、未経験でも積極的に採用して自社で育成するなどの取り組みを始めています。まだ待遇面は企業ごとに差が大きいといわれていますが、近年は女性の運転手も徐々に増え、柔軟な働き方もできるようになりつつあります。これから運転手を目指す人にはチャンスが広がっているといえるでしょう。