「パイロット」とは

航空管制官の指示の下に専門技術を駆使して航空機を操縦し、安全なフライトを実現する。

パイロットは、航空機を操縦する仕事です。

出発前のミーティングで、気象データや空港の状態、航空機の整備状況や飛行高度、燃料などについて確認をし、航空機の点検なども行います。

フライト中は、計器類やレーダーをチェックしたり、管制官と連絡を取りながら、安全に航行できるよう航路を定めます。

勤務先は、航空会社のほか、航空機を保有している新聞社やテレビ局、消防や警察などです。

航空会社のパイロットになるには、航空会社の自社養成パイロット採用試験に合格することが必要です。

航空大学校の卒業生は、パイロットへの就職率が非常に高いですが、入試の難易度もかなり高いものとなっています。

高収入の仕事ですが、機長になるまでには長い時間がかかります。

「パイロット」の仕事紹介

パイロットの仕事内容

パイロットは、航空機を操縦する仕事です。

フライト前には毎回ミーティングを実施し、パイロット自らが気象データや燃料の確認、コックピット内の点検、整備状況なども行います。

フライト中は地上にいる航空管制官の指示の下、快適かつ安全なフライトを実現します。

多くの人の命を預かる責任ある仕事なだけに、一人前になるまで厳しい訓練を何度も重ねる必要があるほか、健康状態や身体条件にも厳しい基準が設けられています。

パイロットになるには

パイロットとして働くには、操縦する航空機に応じたライセンスが必要となります。

エアラインパイロットになるには、1.大学から航空会社に就職して各社のパイロット養成訓練を受ける、2.短大や高等専門学校の卒業後に航空大学校へ入り、在学中にライセンスを取得して航空会社に就職するという、2つの方法が一般的です。

なお、近年は一般大学でもライセンスが取得できる大学・学部が登場しているほか、海外のフライトスクールに留学する人もいます。

パイロットの給料・年収

パイロットの収入は昔から高いことで知られており、大手航空会社の機長になれば2000万円以上の年収を稼ぐ人も多くいます。

しかし、各社ともここ数年はコストダウンを余儀なくされているのが現状です。

以前に比べると給与水準が下がっており、各社間での差も広がっているようです。

それでも平均年収は1000万円を超え、ボーナスや各種手当、保険などの待遇面も充実しています。

しかし不規則な生活やプレッシャーの多い仕事であることは、理解しておく必要があるでしょう。

パイロットの現状と将来性・今後の見通し

パイロットといえば、大型航空機を操縦するエアラインパイロットが有名ですが、警察や消防、自衛隊にもパイロットがいますし、農薬散布や報道写真撮影などに使われるヘリコプターを運航する民間事業会社など、さまざまな場で活躍することができる仕事です。

航空業界の競争が激化し、自社での養成が厳しくなっている航空会社が増えているため、今後は自費でライセンスを取得した人の採用が増えるとも考えられています。