このサイトはセールスドライバーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「セールスドライバー」

仕事内容
セールスドライバーは、宅配便などの荷物の配達、集配、料金回収、営業などを行う仕事です。物流業界で活躍し、2トントラックや4トントラックなどを運転して、荷物を会社や個人宅へ届けることがおもな役目となります。「運ぶだけ」の仕事と思われがちですが、お客さまと直に接する機会が多いため、サービス業の意識を持ってお客さまからの信頼を集めていく意識が求められます。また、お客さまの要望を拾い上げて自社に持ち帰ったり、その場で最適な提案をしたりすることも大事な仕事の一部です。
なるには
セールスドライバーの大半は、宅配便などを届ける運送会社で働いています。運送会社は、誰もが知るヤマト運輸や佐川急便などの大手企業から、中小規模の企業までさまざまありますが、この仕事で学歴が問われることはあまり多くありません。入社時点ではたいてい普通運転免許が必要とされますが、特別なスキルは必要とされず、未経験からでもスタートしやすい仕事です。ただし、企業によっては20代半ば~30歳未満くらいの年齢制限を設けていることもあります。また、求人内容によっては正社員になることを前提とした契約社員として雇用されることもあります。
給料
セールスドライバーの平均年収は、300万円~400万円程度とされています。体力を要する仕事であり、若い人が比較的多く活躍していることから平均年収はやや低めとなっているようですが、運転や配送に関わる仕事のなかでは高収入が得やすい仕事であるようです。給与体系は企業によって異なりますが、歩合給が取り入れられている場合、より多くの荷物を運んだり、営業成績を上げたりすることで収入をさらにアップさせることができます。また、正社員で役職がついていけば年収500万円以上を稼ぐことも可能です。
将来性
ネット通販が普及してたことによって、宅配業者はさらに忙しさを増していると同時に、競争が激化しているようです。一方、体力を要するハードな仕事であることから離職率が比較的高く、各社は人員を確保するために女性や、アジア諸国からの人材といった新しい労働力の採用にも積極的に乗り出しています。需要は大きな仕事ですが、各社の競争が厳しくなっているからこそ、ただ運転技術を持つだけではなく、お客さまのニーズを上手に引き出すことのできる高いコミュニケーション能力がある人が求められる傾向が強まっています。