このサイトは通関士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「通関士」

仕事内容
通関士は、物の輸出・輸入を行う貿易業務に必須の通関手続きを行う仕事です。貿易には必ず税関の許可が必要となりますが、通関手続きはとても複雑かつ専門知識を要するため、商社などの企業に代わって通関士が活躍します。さまざまな商品を扱うため幅広い商品知識はもちろん、英語で書かれた大量の書類を読みこなし、申告書を作成する語学力や事務処理能力、計算能力など、求められるスキルは多岐に渡ります。
なるには
通関士として働くには、国家資格である通関士の資格取得が必要です。通関士試験には学歴や年齢などの制限がありませんが、合格率は毎年わずか10%前後であり、専門的な勉強が必要です。なお、5年以上通関業務に携わっていると所定の科目が免除となるため、働きながら資格を得る人も多いです。早くに活躍したいのであれば、大学や高校などを卒業後、通関業者へ就職し、現場経験を積みながら資格取得を目指すのがよいでしょう。
給料
通関士の給料や待遇は、一般企業の会社員のものと大きくは変わりません。平均年収は400万円~600万円程度となっています。ただし、資格を持っていると「通関士手当」が月に1万円程度付くことほか、役職が付くと役職手当も上乗せされて収入アップが望めます。通関士の需要は年々高まっているため、できるだけ早く資格を得てキャリアアップを目指すことが、収入や待遇面での優遇にも繋がっていくでしょう。
将来性
島国である日本では、諸外国と盛んに貿易が行われており、通関士の存在も必要不可欠なものとなっています。国際貨物を扱うため、世界情勢や時事問題にも敏感であることが望まれます。身につけるべきことが多く、頭を使う大変な仕事ですが、向学心の強い人であれば活躍できるフィールドは大きく広がっていくでしょう。アジアとの貿易量の増加と共に通関業者の数も増えているため、通関士の需要はさらに高まっていくものと予想されています。