このサイトは運転手を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「運転手」

仕事内容
運転手の仕事は、バス、タクシー、トラックに乗り、乗客や貨物を目的地まで安全に届けることです。時間通りの運行が基本となりますが、最も気を付けなければならないのは「事故」です。道路状況や車内の様子に気を配りながら、いつでも冷静に運転することが求められます。バスやタクシーの場合はお客さまと身近に接する機会が多いため、サービス業としての一面も強いです。一方、トラック運転手は重い貨物を運び、長距離を走ったり積み下ろし作業もあるため、体力が求められます。
なるには
運転手は、さほど学歴が求められる仕事ではありません。ただし、運転する車に応じた運転免許が必要となり、タクシー運転手に必要な二種免許や大型トラックを運転するための大型免許は、21歳から取得可能です。どの学校を出たかよりも、熱意や体力を重視されることがほとんどです。以前は経験者を優遇して採用する会社が多かったようですが、近年は人材不足に悩む会社が増えているため、未経験者を採用して自社で育てようという傾向が強まっています。
給料
運転手の平均年収は、バスやトラックの場合、400万円前後が相場となっているようです。ただし、働く会社の規模や地域、経験によっても異なります。トラック運転手は、トレーラーなど難しい車種を運転できるようになればなるほど、給料も上がります。タクシー運転手は、平均年収が300万円程度とあまり高くありませんが、「歩合制」となっているため、自分の腕とセンスによっては、一般会社員の平均年収よりずっと大きな稼ぎを得る人もいます。
将来性
お客様さまの足となったり、はたまた日本全国の物流を支えたりと重要な役割を担う運転手ですが、どの業界でもその高齢化が課題となっています。この理由として、運転手の過酷な労働環境の実態が明るみになり、若者の志望者が減っていることが挙げられます。その状況を改善すべく、各社は待遇面の改善に乗り出しており、働きやすさをアピールする職場も増えてきています。今後は国の支援も進むことが予想され、若者にとっては大きなチャンスと言えそうです。